コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マセル マセルMaseru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マセル
Maseru

レソトの首都。同国西部,南アフリカ共和国との国境を形成するカレドン川沿岸,標高約 1500mの高地に位置。 1869年ソト族の首長モシェシュ1世によって建設され,1880年イギリス行政官の銃器保持禁止令に対して起こった「鉄砲戦争」で古い土壁の町並みは破壊されたが,国会,官庁,裁判所,銀行など政治,経済の諸機関のほか放送局,観光施設などを整えた都市として再興された。商業中心地で,鉄道により南アフリカ共和国のブルームフォンテーン結ばれる。空港もある。人口 19万7907(2006)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マセル(Maseru)

アフリカ南部、レソト王国の首都。同国西部の標高約1600メートルの高原にあり、カレドン川に沿う。南アフリカとの国境からわずか2キロメートルに位置し、鉄道、幹線道路で結ばれる。1869年、ソト族のモシュシュ1世が都を置き、1966年まで英国保護領バストランドの首都となった。人口11万(1986)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マセル

レソトの首都。同国西部,カレドン川に臨み,南アフリカ共和国との国境からわずか2km,標高1600mの高原にある。商業の中心地。1869年ソト人の王モシュシュ1世が都として創設。
→関連項目レソト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マセル【Maseru】

アフリカ南部の内陸にあるレソト王国の首都。人口17万(1990)。国の北西部にあり標高約1600m,国境をなすカレドン川に臨む。レソトを取り囲む南アフリカ共和国とは鉄道,道路で結ばれている。ろうそくカーペットなどの小企業のほかは産業に乏しい。1869年ソト族のモシュシュ1世が都としたときは,小さい市場町にすぎなかった。同年から1966年までレソトがバストランドとしてイギリスの保護領であった時,その主都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マセル【Maseru】

レソト王国の首都。同国の西部、南アフリカ共和国との国境近くに位置する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マセル
ませる
Maseru

アフリカ南部、レソトの首都。同国北西部、南アフリカ共和国との国境をなすカレドン川沿岸に位置する。人口37万3000(1999推計)。同国はかつてバストランドと称し、イギリスの保護領であったが、1869年、バストランド副高等弁務官J・H・ボウカーはこの地に本部を置いた。同地が防衛にも通商にも便利であったためである。1966年独立とともに首都となった。町の中心はキングス街で、両側に主要官庁や商店、銀行が並んでいる。レソトに居住するヨーロッパ人の多くはマセルに住む。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マセルの関連情報