コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノカルチュア monoculture

翻訳|monoculture

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノカルチュア
ものかるちゅあ
monoculture

もともとは農業生産における単作(単一栽培)を意味するが、それから転じて、一種あるいは数種の原料や農産物の輸出に依存している開発途上国の経済構造をさす。モノカルチュア経済構造は、かつて開発途上国が先進国列強の植民地・従属国として支配されていたとき、支配本国に必要とされる原料や食糧を供給するよう位置づけられ、一種あるいは数種の鉱物資源や農産物の生産に特化させられ、本国経済の付属物に転化させられたことが原因となっている。第二次世界大戦後、独立を達成した開発途上国の多くは、このモノカルチュア経済構造から抜け出すことができず、経済開発のネックとなっている。つまり、輸出総額においてこれら一次産品が大きな割合を占めているが、その輸出所得は需要国の景気動向に左右され、またそれら産品の価格変動も激しいため、安定した輸出所得を得ることができない(一次産品問題)。確実な経済開発に取り組むためには、一次産品の価格変動を緩和し、輸出所得を確保すると同時に、多角的な産業・経済構造を形成することが求められる。[秋山憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モノカルチュアの関連キーワード大アンティル諸島プランテーションサヤー・サンの乱サウジアラビアウズベキスタンキューバ革命グアテマラニカラグアカルチャークウェートフィリピンクローマーエジプト南北問題キューバザンビアセネガルガンビアアジア鉱業

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android