コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノカルチュア モノカルチュア monoculture

翻訳|monoculture

2件 の用語解説(モノカルチュアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モノカルチュア(monoculture)

モノカルチャー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノカルチュア
ものかるちゅあ
monoculture

もともとは農業生産における単作(単一栽培)を意味するが、それから転じて、一種あるいは数種の原料や農産物の輸出に依存している開発途上国の経済構造をさす。モノカルチュア経済構造は、かつて開発途上国が先進国列強の植民地・従属国として支配されていたとき、支配本国に必要とされる原料や食糧を供給するよう位置づけられ、一種あるいは数種の鉱物資源や農産物の生産に特化させられ、本国経済の付属物に転化させられたことが原因となっている。第二次世界大戦後、独立を達成した開発途上国の多くは、このモノカルチュア経済構造から抜け出すことができず、経済開発ネックとなっている。つまり、輸出総額においてこれら一次産品が大きな割合を占めているが、その輸出所得は需要国の景気動向に左右され、またそれら産品の価格変動も激しいため、安定した輸出所得を得ることができない(一次産品問題)。確実な経済開発に取り組むためには、一次産品の価格変動を緩和し、輸出所得を確保すると同時に、多角的な産業・経済構造を形成することが求められる。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モノカルチュアの関連キーワードサブカルチャーカウンターカルチャーカルチャーカルチャーショックモノカルチャーIPカルチャーカルチャーギャップカルチャーツアーチップカルチャーロジカルチャート

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone