モハッシェタ・デビ(英語表記)Mahasweta Devi

現代外国人名録2016 「モハッシェタ・デビ」の解説

モハッシェタ・デビ
Mahasweta Devi

職業・肩書
作家

国籍
インド

生年月日
1926年1月14日

出生地
東ベンガル・ダッカ(現・バングラデシュ)

学歴
ビッショ・バロティ大学(英文学)〔1946年〕卒,カルカッタ大学大学院〔1963年〕修士課程修了

経歴
両親はいずれも作家。幼少時西ベンガルに移り、メディニプル、シャンティニケトン、カルカッタなどで教育をうける。1947年劇作家・俳優のビジョン・ボッタチャルジョと結婚、一子(作家のノバルン・ボッタチャルジョ)をもうけ離婚、のち作家のオシト・グプトと再婚するが離婚。教職のほかさまざまな職に就いたのち、’56年史伝「ジャーンシー王妃」の出版後から職業作家としての地位を確立。ベンガル分離独立(’47年)前後の共産主義運動に身近に接した体験から、インドの民族史と現代社会の現実に早くから関心を寄せ、史伝「ビルサ・ムンダ」、「詩人ボンドゴティ・ガンニの生と死」「チョッティ・ムンダとその弓」、現代社会をテーマにした作品に「千八十四番の母」、中短編集坩堝」「西南の雲」「はてしなくな続く煉瓦」などの作品があり、西ベンガルを代表する多作の作家。主としてベンガル語で作品を発表。一方、小学校用教科書の編纂不可触民・部族民の地位向上と自立を目指す活動に携わり、’80年以降彼らの表現の場として季刊誌灯火」を編集、また不可触民・部族問題を中心に社会評論を多数発表している。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android