モバイル決済(読み)モバイルケッサイ

デジタル大辞泉の解説

モバイル‐けっさい【モバイル決済】

スマートホンなどのモバイル端末を用いた電子決済サービスの総称。専用のアプリクレジットカードプリペイドカードの情報を登録して決済を行う方式や、クレジットカード読み取り機をスマートホンに接続し、決済端末として利用する方式がある。従来のカード決済に比べ、導入コストが低く、決済後の入金期間が短いといった特徴がある。スマートホン決済スマホ決済モバイルペイメント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モバイル決済
もばいるけっさい

スマートフォン(スマホ)などの携帯端末と、専用の読み取り機(リーダー)を通じて情報を送受信し、商品代金や交通運賃などの支払いができる電子決済サービスの総称。広義に非接触型ICカードを利用した電子決済も含まれるが、スマホを利用したものに使われる場合が多い。スマホ決済やモバイルペイメントともよばれる。
 利用者は電子マネーやクレジットカードなどの情報を、あらかじめスマホに登録し、店舗のリーダーにスマホをかざすだけで代金の支払いができる。仕組みは従来の非接触型ICカードを利用した電子決済と同じで、スマホのICチップなどが認識されると、そこに記録されている口座情報などの決済情報が読み取られ、サービスを提供する事業者のサーバーで最終的に決済内容が認証される。支払い方法は、先払い(チャージ)しておくプリペイド方式が主流であるが、ポストペイ方式という、スマホと紐(ひも)づけしておいたクレジットカードやデビットカードによる後払い方式もある。
 モバイル決済システムは、近距離無線通信NFCの専用ICチップを搭載したスマホなどを利用するNFC型と、スマホにインストールしたアプリケーション(アプリ)を利用したアプリ型の2種類に分けられる。
 NFC方式では、国際仕様として認証されているEMV仕様(Europay, MasterCard, VISA protcol。ユーロペイ・インターナショナル、マスターカード・インターナショナル、ビザ・インターナショナルの3社で合意されたICカードの統一規格)の決済サービスが世界的に利用されている。代表的なモバイル決済のサービスには、アップルペイApple Pay、アンドロイドペイAndroid Pay、サムスンペイSamsung Payなどがある。また、日本国内ではFeliCa(フェリカ)方式が定着しており、Suica(スイカ)(JR東日本)、PASMO(パスモ)(パスモ)、楽天Edy(エディ)(楽天Edy)、WAON(ワオン)(イオン)、nanaco(ナナコ)(セブン&アイ・ホールディングス)、iD(アイディ)(NTTドコモ)などの国内事業者によるサービスが主流である。ただし、2015年(平成27)にアメリカのグーグル社のアンドロイドペイ(グーグル決済)、翌2016年にアップル社のアップルペイがFeliCa方式対応となった。
 一方、アプリ型は決済サービスの事業者がそれぞれ提供するスマホアプリとリーダーの間で、必要な支払い情報、口座情報を交換し、決済サービスを行っている。決済に必要な情報は二次元コードやビーコンを通して、スマホとレジの間でやりとりされる。2016年時点で日本で利用されているサービスは、アップルペイ、アンドロイドペイ、楽天ペイ、スクエアSquareなどのサービスである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モバイル決済の関連情報