コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルッカ海 モルッカかいLaut Maluku; Molucca Sea

2件 の用語解説(モルッカ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルッカ海
モルッカかい
Laut Maluku; Molucca Sea

マルク海,マラッカ海ともいう。太平洋の縁海の一つで,インドネシア東部,サンギヘ諸島スラウェシ島スラ諸島モルッカ諸島などで囲まれた海域。南でセラム海バンダ海に,北東で幅 241kmのモルッカ海峡を通して太平洋につながる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルッカ海
もるっかかい
Molucca Sea

インドネシア東部の海域。東はハルマヘラ島、西はスラウェシ島、南はスラ諸島およびバンガイ諸島、北はタラウド諸島で囲まれる。北部は太平洋に、南部はセラム海とバンダ海に通じる。別称マルクMaluku海。水深は概して深く、中央部にマユとチフォレの小島があるほかは、浅所や険礁はない。最深点は5000メートルを超える。海流は太平洋から流れ込むものが優勢である。カツオマグロの好漁場として有名である。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone