コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルッカ海 モルッカかいLaut Maluku; Molucca Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルッカ海
モルッカかい
Laut Maluku; Molucca Sea

マルク海,マラッカ海ともいう。太平洋の縁海の一つで,インドネシア東部,サンギヘ諸島スラウェシ島スラ諸島モルッカ諸島などで囲まれた海域。南でセラム海,バンダ海に,北東で幅 241kmのモルッカ海峡を通して太平洋につながる。面積 20万 km2。海底地形は複雑で,小さな海溝や海盆が多数分布する。西部を占めるゴロンタロ海盆が最も深く,4810m。地質構造的にはユーラシアプレートとオーストラリアプレートの境界上にあり,周囲の島では地震や火山活動が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルッカ海
もるっかかい
Molucca Sea

インドネシア東部の海域。東はハルマヘラ島、西はスラウェシ島、南はスラ諸島およびバンガイ諸島、北はタラウド諸島で囲まれる。北部は太平洋に、南部はセラム海とバンダ海に通じる。別称マルクMaluku海。水深は概して深く、中央部にマユとチフォレの小島があるほかは、浅所や険礁はない。最深点は5000メートルを超える。海流は太平洋から流れ込むものが優勢である。カツオ、マグロの好漁場として有名である。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モルッカ海の関連キーワードスラウェシウタラ州マルクウタラ州ウェーバー線バチャン島ユメナマコワラス線オビ島地中海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android