コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレクトロニクス モレクトロニクスmolectronics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレクトロニクス
molectronics

molecular electronicsの略。各回路素子を接続してつくり上げた従来の電子回路に代って,これと機能的に等価な動作をする回路 (機能ブロック) を,単に電子の運動だけを利用するのではなく,熱,光その他あらゆる物理現象を利用して構成する技術。現状では半導体表面や内部の物性を利用したものが多く,集積回路もその一例である。これを用いた機器は,回路素子の接続部分が少くなり,故障を起す可能性が減少するほか,重量,大きさなども非常に軽減される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モレクトロニクス(molectronics)

《molecular(分子の)+electronics(電子工学)から》分子電子工学。分子レベルでの分子の動作を電子工学に応用しようとする新しい学問領域。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モレクトロニクス

モレキュラーエレクトロニクスの略。電子現象だけでなく,光や熱などの物性現象を利用し,対応する電子回路と入出力特性のみ等価なもの(機能デバイス)をつくる超小型電子技術または電子工学の一部門。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

モレクトロニクスの関連キーワードmolecular electronics超小型回路

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android