コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンス Mons

翻訳|Mons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンス
Mons

オランダ語ではベルヘン Bergen。ベルギー南西部,エノー州州都ブリュッセルの南西約 50km,コンデ=モンス運河とサントル運河との接点に位置する。7世紀,修道院とエノー伯の城を中心に発達。 804年頃にエノー伯領の首都となった。 14~16世紀に毛織物業が発達して繁栄。ブルゴーニュ公国に吸収されてからは重要な要塞地となり,16~18世紀には領有をめぐってオランダ,スペイン,フランス,イギリス各国間で多くの攻防戦が繰返された。第1次世界大戦中イギリス遠征軍が最初に戦闘を行なった地で,多くの記念碑や墓地がある。市の経済と深く結合していた南西方のボリナージュ炭田の炭鉱は 1950~60年に閉鎖されたが,繊維,レース,セメント,陶磁器,皮革製品の製造が行われる。 15世紀の市庁舎や聖ウォードリュ聖堂,鐘楼などの歴史的建造物のほか博物館もいくつかあり,付近にもリーニュ公の城,古戦場跡などみるべきところが多い。大学,美術アカデミー,王立音楽院などがある文化都市。人口9万 2158 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モンス(Mons)

ベルギー南西部、エノー州の都市。同州の州都。もとエノー伯領の旧都で、聖ウォードリュ教会や市庁舎、「ベルギーとフランスの鐘楼群」の一つとして世界遺産に登録された鐘楼など、歴史的建造物が数多く残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンス

ベルギー南部のエノー州の州都。オランダ語ではベルヘンBergen。運河・鉄道の要地で石炭鉱業の中心地。皮革,製糖などの工業も行われる。7世紀から知られ,9世紀にはエノー侯領の主都であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンス【Mons】

ベルギー南部,エノー州の州都。フラマン語名はベルヘンBergen。人口9万(1988)。ブリュッセル南西方約60kmに位置。二つの運河の合流点にあたり,ブリュッセル・パリ間の自動車道路に沿う。19世紀以来都市化の進んだ石炭鉱業地帯の行政の中心地で,食品工業なども盛ん。平野に突き出た小山にあり,モンスもベルヘンも〈山〉を意味する。古代ローマ期に城砦が置かれて以来,周辺地域の中心地となる。中世にはエノー伯領の首都として,城砦と伯に保護されたサント・ウォードリュ修道院(ともに7世紀)を核に都市が形成され,毛織物業も発達し,市民の自由と自治も拡充された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンス
もんす
Mons

ベルギー西部、エノー州の州都。オランダ語名ベルヘンBergen。人口9万0955(2002)。7世紀よりエノー伯の娘により創建された丘上の僧院と城を中心に発達し、中世には毛織物工業で繁栄した。また重要な要塞(ようさい)として幾度も攻防の地となった。中央炭田の開発とともに鉱工業都市として成長し、金属、電気、ガラス、セメント、ビール工業などが発達した。1960年代からの炭田の閉山で全般的不況に陥り、産業の再編成を迫られた。1971年に設置された国立大学がある。[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モンスの関連キーワード中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラドラゴンクエストモンスターズ1・2星降りの勇者と牧場の仲間たちスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地〈モンス〉ポケットモンスター ブラック2ホワイト2ポケモンバトルレボリューションシャルル ヴァンデノーヴアンダーワールド 覚醒サルヴァトーレ アダモポケモンスタジアム金銀ポケモンスタジアム2シャルル プリスニエシメオン[柱頭行者]モンスターストライクミシェル ビュトールポケモントレーナーポケットモンスターポケモンスタジアムジエン・モーランショウグンギザミゲネル・セルタス

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android