コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテカッシーノ モンテカッシーノ Monte Cassino

2件 の用語解説(モンテカッシーノの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モンテ‐カッシーノ(Monte Cassino)

イタリア中部、ローマナポリの中間にある山。529年、聖ベネディクトゥス修道院を建造した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテカッシーノ
もんてかっしーの
Montecassino

イタリア中部、ラツィオ州フロジノーネカッシーノの西郊約9キロメートルにある丘陵。標高519メートルベネディクト派修道院の所在地。聖ベネディクトゥスが529年ここに修道院を建て、ベネディクト修道会の本山となった。彼の祈りと労働の生活と中庸の精神を説いたレーグラ(戒律)が、のちに西ヨーロッパの修道生活の模範となる。彼は死後妹とともにここに葬られ、以後、信者の訪れる一聖地となった。修道院は6世紀末の破壊後、8世紀に再建され、君侯の子弟やパウルス・ディアコヌスPaulus Diaconus(720ころ―799ころ)などの文人が集い、タキトゥスなどの古典の筆写と保存が促進された。9世紀のイスラム教徒の破壊後また再建され、11世紀には院長デジデリウスDesiderius(1027―1087、教皇ビクトル3世)の時代に大バシリカなどの建築が進み、文化と宗教の一大中心地となる。のちに地震やたびたびの略奪にあい、19世紀末からは国家的モニュメントとされた。第二次世界大戦下の1944年2月15日、ドイツ軍の要塞(ようさい)に利用されるのを恐れた連合軍が大爆撃で修道院を完全に破壊した。幸運にも貴重な古典写本類はローマに移送されていて難を逃れた。修道院は戦後復興された。この修道院は22人の教皇と多数の司教を輩出した実力をもつ宗派の本山であるが、その歴史は破壊と復興の繰り返しであった。[佐藤眞典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテカッシーノの関連キーワードナポリ王国カンパニアサンタルチアスパッカナポリティレニア海ナポカナポリを見てから死ねスパゲティ・ナポリタンナポリ風ローマ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone