コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンモランシー(公家) モンモランシー[こうけ]Montmorency, Ducs de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンモランシー(公家)
モンモランシー[こうけ]
Montmorency, Ducs de

フランスの名門貴族の家門。数多の将軍,高官を輩出した。家名は,発祥の地であるパリ郊外のモンモランシー村に由来する。 10世紀後半のブシャール1世から家系が知られている。その頃からパリ近郊に所領を集積し,また首都防衛に軍功を立てて国王の側近として重きをなし,代々国王の軍隊を指揮することが多かった。百年戦争,次いで宗教戦争の時代,政界の重要勢力となり,アンヌ (モンモランシー公〈1493~1567〉) はフランソア1世以下3代の王に仕えて外交と軍事を担当し,またギーズ (公家) と並んでカトリック派の中心であった。ブルターニュに地盤をもつモンモランシー・ラバル家をはじめ多くの傍系があり,モンモランシー公の称号は 19世紀まで維持されていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone