コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーゼル 〈ドイツ〉Mosel/〈フランス〉Moselle

百科事典マイペディアの解説

モーゼル

ドイツの小火器発明家,製造家。祖父の代からの銃器技術者で,若年から銃の改良を行い,1871年プロイセンの制式小銃を作った。1879年には兄Wilhelm Mauser〔1834-1882〕とともに自動ピストルを発明。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モーゼル

チェコの高級ボヘミアングラス・メーカー。1857年、ルードウィック・モーゼルがカルロヴィ・ヴァリで創業したガラス工房が起源

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

モーゼル【Mosel; Moselle】

ライン川の支流。フランス北東部のボージュ山脈に源を発し、ロレーヌ地方を北流してドイツのコブレンツでライン川に合流する。長さ545キロメートル。両国の重要な水路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーゼル
もーぜる
Peter Paul Mauser
(1838―1914)

ドイツの銃砲技術者。マウザーとも書く。1871年兄ウィルヘルムと協力してボルトアクション(槓桿(こうかん)式)機構をもつ口径11ミリメートルの小銃を発明、モーゼルM71歩兵銃としてプロイセン陸軍に採用された。1880年にこれを連発式に改良、その後、無煙火薬の発明により同火薬を使用する小銃と弾薬を開発、口径7.92ミリメートルのモーゼルM88歩兵銃および短銃身の騎兵銃を設計した。モーゼル式小銃の優れた機構と弾薬は、その後、世界各国の主力小銃となるほど広まり、各種の型が製造されたため近代小銃の父ともいわれる。日本の村田式、三十年式、三八年式、九九式の各軍用小銃もモーゼル式機構を採用している。[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モーゼルの関連キーワードメッツ(フランスの地名)ルクセンブルク(都市)ベルンカステルクースニコラウス・クサヌスP.P. モーゼルP.P. マウザームルトエモーゼル県F.O.L.の丘フォルバックドイツワインティオンビルモーゼル運河ティヨンビルザール[川]ウーシャールモーゼル銃リュネビルアイフェルモーゼル県モーゼル川

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーゼルの関連情報