コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーターボート モーターボート motorboat

翻訳|motorboat

6件 の用語解説(モーターボートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーターボート
モーターボート
motorboat

内燃機関 (ディーゼルエンジン) で推進するボート。内燃機船との区別は明瞭ではないが,一般には機船に比べて,より軽量,小型で高速性を有するものをさす。その種類は非常に多いが,用途によって救命艇,巡視艇,魚雷艇などの実用艇,モーターヨット,クルーザーレーサーなどの快遊艇,また船型によって排水型,半排水型,滑走型などにそれぞれ分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーターボート(motorboat)

内燃機関を備え、それによって推進する快速の小型舟艇。自動艇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーターボート

機動艇とも。推進機関として内燃機関を備えた軽快な構造の小型高速艇の総称。実用艇とプレジャーボートに大別され,前者には哨戒(しょうかい)艇,救難艇,消防艇などがある。
→関連項目水上スキー船外機艇モーターボートレースモーター・ヨットランナバウト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モーターボート【motorboat】

機動艇ともいう。推進機関として内燃機関をもち,比較的小型軽量で高速を発揮する船。総トン数5トン,長さ5m程度の艇が多いが,長さ15~20mの大型ボートもある。大部分のモーターボートは,レクリエーションに使用されるプレジャーボートとして用いられるが,業務用艇として利用される場合も多い。 プレジャーボートには,比較的小型で,水上を走り回るという意味をもつランナバウトrunabout,比較的大型でクルージングに適したクルーザーや,さらに大型のモーターヨット,帆走もできるモーターセラーなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モーターボート【motorboat】

内燃機関を動力とする小型の舟艇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーターボート
もーたーぼーと
motorboat

ガソリンエンジンなどの内燃機関で推進する比較的高速の小型舟艇をいう。滑走艇と排水量型に分類する。滑走艇はなるべく重量を軽くし、大馬力の推進機関によって高速を得、船底に作用する揚力を利用して前部の船底を水面上に露出し、後部船底を水面に接して飛ぶように滑走する。競走艇、高速のレジャーボートなどがある。長さ10メートルぐらいまではランナバウトrunaboutとよばれることもある。排水量型は、比較的速力が低く揚力は無視できる程度で、つねに浮力と重力がつり合っている。大部分のモーターボートはこの型式である。離島航路などの高速旅客艇、海上保安庁の巡視艇、水上警察の警備艇、地方自治体漁業取締船、クルージング用のモーターヨット、交通艇、遊漁船、レジャーボートなど広範囲に使われている。滑走するほど速くはないが、25ノットから30ノットぐらいの船もある。内燃機関で推進する小型舟艇のうち、艀(はしけ)や土運船のような低速の貨物船はモーターボートとはよばない。
 エンジンの装備形態からは船外機outboard motorと通常の船内装備とに分けられる。小型・軽量のディーゼル機関をプロペラ、舵(かじ)と一体化し、船尾後方の船外に脱着できる構造にした船外機は、レジャーボートなど比較的高速の小型艇に広く採用されている。
 第二次世界大戦後、1960年代中ごろから、技術の発達に伴って、モーターボートに似てはいるが従来とはまったく異なる方式の船が現れた。船体浮揚方式が異なる水中翼船、ホバークラフト、半没水船、推進方式が異なるウォータージェット船、エンジンが異なるガスタービン船などである。これらの新しい形式の船は、あるいはモーターボートを超える性能によってそれにかわり、あるいは新しい用途を開いて船舶技術の可能性を広げている。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモーターボートの言及

【水上スキー】より

…スキーをはき,モーターボートにつけた引綱で引かれて,水面を滑走する水のスポーツ。現在のような水上スキーの原形は,1920年代にアメリカで創案され,フランスを中心にヨーロッパでも行われるようになった。…

【モーターボートレース】より

…モーターボートで速度を競うスポーツ。使用するボートによって,船外機か船内機かで大別され,それぞれ排気量によってクラス分けされる。…

※「モーターボート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モーターボートの関連キーワードエンジン外燃機関機関室高速機関直列機関噴射機関灯油機関内燃機関油内燃電動車噴射推進機関

モーターボートの関連情報