コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリア

世界大百科事典 第2版の解説

モーリア【James Morier】

1780‐1849
イギリスの外交官。1808‐09年,初代イラン大使H.ジョーンズの秘書としてイランを訪問,カージャール朝との友好条約調印に尽力した。11‐15年,テヘランのイラン大使館付の書記官。帰国後,イラン滞在中の知見に基づく風刺文学《イスファハーンのハージー・ババーの冒険》(1824。邦訳《ハジババの冒険》)を著した。イラン人の人間性を揶揄(やゆ)したこの作品は,後にペルシア語に翻訳され,イラン近代文学の形成に寄与した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーリア
もーりあ
Paul Mauriat
(1925―2006)

フランスの作曲・編曲家、指揮者、ピアノ奏者。マルセイユ生まれ。4歳からピアノを学び、10歳でパリ音楽院に入学した。クラシックのピアノ奏者を目ざしたが、友人にジャズ・ピアノの名手テディ・ウィルソンTeddy Wilson(1912―86)のレコードを聴かされて転向。ジャズとポピュラー音楽を研究した。第二次世界大戦中の1942年に自身のダンス楽団を率いてマルセイユを中心に演奏。ポール・フェルセンPaul Fersenという変名で編曲もした。59年からパリでレコード会社の編曲者を務め、60年にはシャンソン歌手シャルル・アズナブールの伴奏指揮を行って注目された。65年にポール・モーリア・グランド・オーケストラを結成してポピュラー音楽の録音を開始。68年に『恋はみずいろ』Love is Blueが世界的に大ヒットした。その後もヒットが続出。日本では『エーゲ海の真珠』Penelope(1971)、『オリーブの首飾り』El Bimbo(1975)が大ヒットした。モーリアはリズムとビートを強調して若々しい生命力を表出し、クラブサン(チェンバロ)やエレキ・バイオリンも使った多彩なサウンドによる現代感覚十分の軽快な演奏で人々を楽しませた。ムード音楽、あるいはイージー・リスニングと称される分野で新しいスタイルを創造したといえる。98年にオーケストラの指揮をジル・ガンブスGilles Gambusに任せて演奏活動はやめたが、作曲と編曲は続けていた。彼が作曲した人気曲には『蒼(あお)いノクターン』Nocturne(1966)、『カトリーヌ』Catherine(1969)、『薔薇色(ばらいろ)のメヌエット』Minuetto(1975)、フランク・プウルセルFranck Pourcel(1913―2000)と共作した『アイ・ウィル・フォロー・ヒム』I Will Follow Him(1962)、ミレイユ・マチューが歌ってヒットしたシャンソン『愛の信条』Mon credoなどがある。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モーリアの関連キーワードアイ・ウィル・フォロー・ヒムアンヌ ウィアゼムスキーテレーズデスケルーフロランス ドゥレローラ グリフィン愛はすべての上にジャマイカ・イン真夜中すぎでなくテレーズデケルーM. マチュースキリッツェス蝮のからみあい若き人妻の恋愛すればこそデュモーリエわが幻覚の時メアリ・アン愛と死の紋章埋もれた青春見てはだめ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーリアの関連情報