コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤギュウ(野牛) ヤギュウ

百科事典マイペディアの解説

ヤギュウ(野牛)【ヤギュウ】

バイソンをさす場合が多いが,ときには他の野生ウシ,たとえばガウア(インドヤギュウとも。肩高2m,インド,ミャンマー,西マレーシア,マレー半島に分布)やバンテン(ジャワヤギュウとも。
→関連項目ウシ(牛)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤギュウ【ヤギュウ(野牛)】

一般にウシと呼ばれているもののうち,スイギュウ類を除いたグループで,ウシ属Bosとバイソン属Bisonの2属を指す。偶蹄目ウシ科の哺乳類。世界中に分布する家畜のウシBos taurusコブウシB.indicusを除くと,ユーラシア北アメリカに6種がある。体長1.8~3.5m,尾長50~110cm,肩高1.3~2.2m,体重350~1000kg。 ウシ属はさらに三つの亜属に分けられるが,それらの特徴は次のようなものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android