コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクート族 ヤクートぞく Yakut

翻訳|Yakut

2件 の用語解説(ヤクート族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤクート族
ヤクートぞく
Yakut

自称ではサハ Sakhaロシアサハ共和国の基幹住民。現在はほとんどロシア化されている。人口約 36万。 300年前,レナ川中流域に住んでいたが,他のシベリア諸民族が衰退していったにもかかわらず,拡大の一途をたどり,1960年にはレナ川全流域およびその周辺地域に人口の大半を擁するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤクートぞく【ヤクート族 Yakuty】

ロシア連邦,東シベリアサハ(ヤクート)共和国の先住民。自称はサハSakha。総人口38万(1989)。言語はヤクート語ヤクート語チュルク諸語に属するが,長期にわたるツングース語モンゴル語との接触の結果,音韻,語彙,部分的には文法にいたるまで,他のチュルク語とはちがう特色をもっている。これはヤクート族形成の過程を反映している。ソ連の学者A.P.オクラドニコフは,ヤクート族の中核がバイカル湖付近に住んで牧畜に従事した骨利幹(クリカン)であって,14~15世紀にモンゴル族に圧迫されてレナ川中流部に移ったと主張している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヤクート族の言及

【氏族制度】より

…わずかに祭礼の際の供犠や舞踊に氏族のはたらきは残されているが,ここに注意すべきことは,近年のズニ社会にあっては,その宗教的ならびに世俗的な権力が,ある種の神官たちの手に握られ,もともと1氏族の特定家族に限られた神官の階級や,祭祀結社その他の団体が,それぞれ大きな役割を演じて,氏族制度そのものを崩壊に導いたという点である。またシベリアの遊牧民ヤクート族にあっては,ウマの大群を氏族が共有していた間は,緊密な氏族的結合が保たれていたのに反し,ウシの飼育をはじめるとともに,牧畜と所有の単位は家族に分解し,財産の相続をめぐる氏族と家族との矛盾衝突がはげしくなった。別に共同の祭祀と供犠とによって結ばれた,遠い血縁関係にある氏族同士の連合があったが,連合の会議も氏族の会議も,第1に首長と弁士,第2に貴族と戦士,第3に庶民と若者の3部からなり,連合の会議では,各氏族員はそれぞれの第1部を代表に立ててその背後にならんだという。…

【住居】より


[トナカイ遊牧民の天幕ヤランガ]
 ツンドラや森林ツンドラにはトナカイ飼養に専従するいわばトナカイ牧畜が発達した。ネネツ族,ヤクート族の一部,内陸部のチュクチ,コリヤーク族はトナカイ群を追う遊牧生活を送った。その住居はヤランガyarangaと呼ばれる天幕であった。…

※「ヤクート族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤクート族の関連キーワードイルクーツクヤクート語西比利亜ヤクートНерчинскЯкутСаха東シベリア太平洋パイプライン極東地方サハ[共和国]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone