コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマフジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマフジ
やまふじ / 山藤
[学]Wisteria brachybotrys Sieb. et Zucc.

マメ科の落葉(とうほん)(つる植物)。別名ノフジ。フジに似るが別種で、つるはフジとは逆で左巻きに絡む。4~5月、フジよりも短い長さ10~20センチメートルの総状花序を下垂し、フジよりもやや大きい長さ2~3センチメートルの紫色の蝶形花(ちょうけいか)を開く。庭木、盆栽にする。園芸店ではカピタンとよばれる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマフジの関連キーワードナナフシ(七節)ウラギンシジミフジ(藤)山藤 宗山ゆくの木小林義雄達磨藤金砂湖花美短草鞋野藤白藤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマフジの関連情報