ユスキュダル(英語表記)Üsküdar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスキュダル
Üsküdar

トルコのアジア側の陸地の西北端,大イスタンブール(→イスタンブール)の 5地区の一つ。古代ではクリュソポリスと呼ばれた。ボスポラス海峡を挟んでイスタンブールに対している。14世紀にはオスマン帝国領となり,アジア側の領土に対する攻勢拠点とされ,また 19世紀末のアナトリア鉄道の敷設までは,シリアやアジア諸国からの隊商の道の終着地であった。市内には 1548年に建築家ミマール・シナンによって建てられたモスクセリム3世の大兵営,クリミア戦争でフローレンス・ナイチンゲールが活躍した病院などがあり,典型的なトルコ風の町並みである。共同墓地にはクリミア戦争で戦死したイギリス兵 8000人の墓もある。南端にイスタンブール-バグダード鉄道始発駅がある。イスタンブール地区とはフェリー,ベイオール地区とはボスポラス海峡橋で結ばれる。人口 40万1398(1990推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ユスキュダル

トルコ北西部の都市。行政的にはイスタンブールの一地区。旧名スクタリ。イスタンブールのアジア側にあり,ボスポラス海峡を隔ててヨーロッパ側のイスタンブール,ベオールー地区に対し,商業・製造業地区となっている。南端にバグダード鉄道の始発駅ハイダル・パシャがある。ヨーロッパ側と1973年完成のボスポラス大橋で結ばれる。クリミア戦争の時英軍基地となり,ナイチンゲールなどがここの病院で活躍。
→関連項目スクタリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユスキュダル【Üsküdar】

トルコ西部,アナトリアの西端にある都市。旧名スクタリScutari。ボスポラス海峡を隔ててイスタンブールと相対し,現在は行政的にはイスタンブールの一地区に含まれる。人口39万6000(1990)。古くはギリシアの植民市で,クリュソポリスChrysopolisの名で知られた。風光にすぐれ,商工業活動が盛ん。アナトリアを横断する鉄道(かつてのバグダード鉄道)の起点駅ハイダル・パシャ駅がある。クリミア戦争のときイギリス軍の基地が置かれ,ナイチンゲールが指揮した陸軍野戦病院が残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユスキュダル【Üsküdar】

トルコ、イスタンブール市の東部地区。ボスポラス海峡のアジア側にある。旧称、スクタリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android