コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユージーン Eugene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユージーン
Eugene

アメリカ合衆国,オレゴン州西部にある都市。セーレムの南約 100km,ウィラメット川にのぞむ。地名は,1846年に町を創設したユージーン・スキナーにちなむ。 70年にカリフォルニアに通じる鉄道が開通して,町の発展を助けた。バター,チーズなどの酪農製品や,羊毛などを産する。オレゴン大学 (1872創立) ,ウィラメット国有林の本部がある。人口 15万6185(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユージーン(Eugene)

米国オレゴン州西部の都市。ウィラメット川に面し、農林産物の集散地として知られる。ワイン生産が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユージーン
ゆーじーん
Eugene

アメリカ合衆国、オレゴン州西部、ウィラメット川に臨む都市。人口13万7893(2000)。豊かな農業地帯と森林に囲まれた農林産物の集散地であり、製肉、乳製品、果物、野菜などの缶詰といった食品加工業に加えて、近年は衰退ぎみではあるが製材業の中心地でもある。1851年に町が開かれ、64年より市制が施行された。1万7000人の学生数を有するオレゴン大学(1876創立)の所在地である。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユージーンの関連キーワード世界陸上競技選手権大会オレゴン・バッハ音楽祭クレイグ ワッソンエウゲニウス1世ハンク スタインロバート クレイクリントンベルクナーウルフチェン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユージーンの関連情報