コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーロダラー Eurodollar

翻訳|Eurodollar

百科事典マイペディアの解説

ユーロダラー

当初はヨーロッパ諸国の銀行や会社の保有する米ドル資金で,ヨーロッパの金融市場(特にロンドン,パリ)を中心に各国の金利差を求めて浮動するホットマネーの一種。米ソの冷戦が激化するにつれて1959年ころから活発に取引されるようになり,1960年以降日本にも流入。
→関連項目ユーロ市場

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーロダラー【Euro‐dollar】

当初はヨーロッパの金融中心地で取引される米ドル資金を意味したが,現在ではより広くアメリカ以外の金融中心地で取引される米ドル資金をいう。たとえばシンガポールや香港などにおけるいわゆるアジア・ダラー,日本の東京ドル・コール資金,カナダの金融市場で取引される米ドル資金なども含まれる。同様に,このほかユーロマルク(ドイツ以外の金融中心地で取引されるドイツ・マルク資金),ユーロポンド,ユーロ円などがあり,ユーロダラーを含めてユーロカレンシーEuro‐currenciesと総称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユーロダラー【Eurodollar】

アメリカ以外の銀行に預金されたドル資金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のユーロダラーの言及

【国際金融市場】より


[国際金融市場の多極化]
 しかし1971年8月の金交換停止以来の国際通貨としての役割の動揺と世界的な変動為替相場制は,国際金融市場の場所的多極化をもたらしており,今日,フランクフルト,チューリヒ,パリ,アムステルダム,東京(東京金融市場)その他でも,かなりの規模の国際金融取引が行われている。1950年代以後,アメリカの国際収支の継続的赤字が世界にドルを散布し,過剰ドルの時代となるやユーロダラー市場が,またアメリカの対外投融資規制や多国籍企業の活動とあいまってユーロ債市場が出現した。これらは,国内金融市場と一体化した伝統的な国際金融市場と異なり,国境の制約を超えた新しい国際金融市場である。…

【ドル】より

…ドルはアメリカ国内における国内通貨であり,また同時に世界において現在最も重要な国際通貨である。このほか国際通貨として重要な役割を果たしているものにユーロカレンシーとくにユーロダラーがあるが,ユーロダラーはアメリカの外に所在する銀行に預けられたドル(ドル預金)のことである。ユーロダラーはそれを発行する銀行がアメリカの外に所在しているという点で米ドルと異なる。…

※「ユーロダラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユーロダラーの関連キーワードロンドン金融先物取引所ロンドン・ダラー市場マーチャント・バンクユーロ・クレジットユーロ・カレンシーユーロマネー市場シンガポール市場クリーン・ローンホット・マネーオイル・ダラーユーロ・ダラーレオ メラメド流動性ジレンマガイド・ライン国際金融市場円の国際化円転換規制プレストンアインチヒ内外金利差

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android