貸(し)出(し)金利(読み)カシダシキンリ

世界大百科事典 第2版の解説

かしだしきんり【貸出金利】

銀行などの金融機関が顧客に貸出しを行う場合の利子率。その水準は,銀行の信用供与,企業の投資行動を通じ,経済活動全般に大きな影響を及ぼす。日本の現行法上は,利息制限法,〈出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)〉,臨時金利調整法により最高限度の規制がなされている。しかし通常の企業向け貸出しについてみれば,諸規制中最低の臨時金利調整法にもとづく規制上限でも十分高い水準にあるため,事実上,法規制の存在が意識されることはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の貸(し)出(し)金利の言及

【金利】より

…(3)預金金利 金融機関への預金に対する金利で,臨時金利調整法の範囲内で日本銀行のガイドラインによって決定される方式であったが,1994年10月以降,当座預金を除いた預金金利の完全自由化にともない,日銀ガイドラインは事実上廃止された。(4)貸出金利 金融機関の貸出しに対する金利で,従来は銀行,信託銀行等の貸出金利には臨時金利調整法によって上限が存在したが,1979年以降しだいに緩和され,94年10月に金利規制は廃止された。(5)債券利回り 債券は額面価格と発行価格に差(発行差額)があることが多いので,表面金利に発行差額を加えたものと発行価格の比率である債券利回りによって金利を表す。…

※「貸(し)出(し)金利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android