コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨセミテ国立公園 ヨセミテこくりつこうえんYosemite National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨセミテ国立公園
ヨセミテこくりつこうえん
Yosemite National Park

アメリカ合衆国の西部,カリフォルニア州中部のシエラネバダ山脈を刻むマーセド川の峡谷を中心とする国立公園。 1890年設定。面積 3083km2。標高 1220mの谷底から 900~1200mの花崗岩の岩壁がそそり立つ。エルカピタン,カシードラルロックなどの奇観やヨセミテ滝 (落差約 728m) が有名。樹齢数千年のセコイアの林や地質学的に興味のある場所が多い。 1984年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨセミテ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ヨセミテ国立公園】

Yosemite》米国カリフォルニア州のシエラネバダ山脈にある国立の自然公園。渓谷を中心とし、氷食によるU字谷や滝が多い。1984年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヨセミテ国立公園【ヨセミテこくりつこうえん】

米国,カリフォルニア州中東部,シエラ・ネバダ山脈中の山岳国立公園。氷食による高山の奇岩怪石,ヨセミテYosemite滝をはじめ大小無数の滝,セコイア原生林などで知られる。
→関連項目北アメリカシエラ・ネバダ[山脈]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産情報の解説

ヨセミテ国立公園

米国カリフォルニア州のシエラネバタ山脈にある国立の自然公園です。渓氷河が削りだした1000m以上の垂直な崖、U字型の渓谷、切り立った崖を流れ落ちる多数の滝、ユニークな形をした溶岩ドームなど、優美で壮大な景観を楽しむことができ、‘地上の楽園’とも呼ばれています。4,000m級の山々が連なるカリフォルニアで最も標高の高いエリアの一部でありながら、サンフランシスコから車で約5時間というロケーションが幸いして、年間訪問者数は400万人にものぼります。1894年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

世界遺産詳解の解説

ヨセミテこくりつこうえん【ヨセミテ国立公園】

1984年に登録されたアメリカの世界遺産(自然遺産)で、カリフォルニア州のシエラ・ネヴァダ山脈中央部に位置し、花崗岩の岩山と森、湖などからなる、面積3083km2の広大な国立公園。ハーフ・ドームと呼ばれる標高2695mの岩山、世界最大の花崗岩の一枚岩であるエル・キャピタン(高さ914m)、落差が739mもあるヨセミテ滝など、壮大な景観を誇る。160種以上の貴重な植物の生息地域があり、その形成にはヨセミテの他に類を見ない地質学的な生い立ちと、特異な土壌が寄与している。樹齢2700年、根元の直径が10mもあるジャイアント・セコイアをはじめとするセコイア林なども広がる。クロクマ、アライグマ、ミュールジカ、ピューマ、リスなどの哺乳類が約100種類、鳥類が200種類以上生息する。こうした貴重な自然を守るため、世界遺産に登録された。◇英名はYosemite National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨセミテこくりつこうえん【ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park】

アメリカ合衆国カリフォルニア州中東部の大自然公園。面積3081km2。シエラ・ネバダ山中にある洪積期の氷河時代につくられた巨大な氷食谷(U字谷)を中心とした国立公園(1890指定)で,とくに高さ約1000mの絶壁をもつエル・キャピタン山と高さ600mの一枚岩からなるハーフ・ドーム絶壁は有名。ヨセミテ滝は上段の落差436m,下段の落差98mで,両者間の急流を合わせた高さは739mに達する。セコイアの原生林も残存し,高山部には小規模な山岳氷河もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨセミテ国立公園
よせみてこくりつこうえん
Yosemite National Park

アメリカ合衆国、カリフォルニア州中東部の山岳自然公園。シエラ・ネバダ山脈の西斜面に広がる。面積3080平方キロメートル。1890年制定。1984年には世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。サンフランシスコの東250キロメートルに位置し、イエローストーン国立公園、グランド・キャニオン国立公園と並んでもっとも人気の高い公園として親しまれている。4000メートル級の山々が連なり、氷河作用によってつくられた深い渓谷や巨崖(きょがい)、巨岩、湖、滝、澄んだ川、セコイアの森などがその特徴で、大自然の美しさを余すところなく満喫させてくれる。なかでも人気の高いのは、マーセド川上流部のU字谷ヨセミテ渓谷で、全長11キロメートル、幅1.6キロメートル、海抜610~1220メートルと深く、ハーフ・ドーム(2688メートル)やエル・キャピタン(2305メートル)などの巨大な花崗(かこう)岩崖が天に向かってそそり立つ。崖(がけ)からは何本もの滝が流れ落ち、その代表格のヨセミテ滝は、アッパー、ロワーの2本の滝をあわせて落差739メートルと世界有数の滝の一つである。そのほかリボン滝、ブライダルベール滝など各所にそれぞれの美しい滝を見ることができる。ヨセミテ渓谷の南に位置するグレーシャー・ポイントは、この渓谷美を一望できる展望台として知られる。
 渓谷以外にもワウォナ地域やタイオガ道路周辺と見どころは多く、セコイアの育つマリポサの森など人気が高い。園内には1300種にも上る植物、220種の野鳥など野生生物が多く、キャンプ、ハイキング、登山、釣り、ボート、スキー、乗馬などレクリエーション施設・設備も完備している。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨセミテ国立公園の関連キーワードシエラ・ネバダ[山脈]カテドラルグレイシャーポイントブライダルベール滝マリポサグローブアメリカ合衆国エルキャピタントンネルビューハーフドームヨセミテ渓谷フレズノミラー湖ミューア奇観谷底岩壁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨセミテ国立公園の関連情報