コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナット ヨナット Yonath, Ada

2件 の用語解説(ヨナットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨナット
ヨナット
Yonath, Ada

[生]1939.6.22. エルサレム
イスラエルの化学者,分子生物学者。1962年にヘブライ大学を卒業,1968年ワイツマン科学研究所で X線結晶解析学の博士号を取得。ワイツマン科学研究所の研究員,助教授を経て 1988年から同教授(構造生物学)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨナット
よなっと
Ada E. Yonath
(1939― )

イスラエルの生化学者。1968年、ワイズマン科学研究所においてX線結晶学の分野で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学を経て、ドイツのマックス・プランク研究所の研究部門長などを歴任。ワイズマン科学研究所教授。2009年、ラマクリシュナンスタイツとともに「リボソームの構造と機能に関する研究」によりノーベル化学賞を受賞した。
 細胞内にあるリボソームは、生命の設計図であるDNAの情報からタンパク質をつくりだす際に中心的に働くことが知られているが、その詳しい構造や働きはわかっていなかった。リボソームは巨大な分子であり、構造を調べるために必要な結晶化は不可能といわれていた。
 ヨナットは1980年、世界で初めてリボソームの結晶化に成功、構造解析のきっかけをつくった後も研究を続けた。2000年にはX線結晶解析の手法でリボソームの立体構造を原子レベルで解明した。同時期に、ラマクリシュナンとスタイツも立体構造の解析に成功した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨナットの関連キーワードエルサレム王国エルサレム神殿イェルサレムエルサレム賞西エルサレム東エルサレムエルサレム考古学公園「エルサレム」亭の対決エルサレム・タルムード《新エルサレム》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone