コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ復興開発銀行 ヨーロッパふっこうかいはつぎんこうEuropean Bank for Reconstruction and Development; EBRD

4件 の用語解説(ヨーロッパ復興開発銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ復興開発銀行
ヨーロッパふっこうかいはつぎんこう
European Bank for Reconstruction and Development; EBRD

ソ連・東欧諸国の経済改革支援のために 1989年 10月フランスミッテラン大統領が設立を提唱し,91年4月に発足した地域開発銀行。本部はロンドンで,初代総裁はジャックアタリ元フランス大統領特別補佐官

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ復興開発銀行【ヨーロッパふっこうかいはつぎんこう】

European Bank for Reconstruction and Developmentといい,略称EBRD。1991年4月に発足。ロンドンに本部を置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ復興開発銀行
よーろっぱふっこうかいはつぎんこう
European Bank for Reconstruction and Development

ソビエト連邦と中東欧諸国の市場経済への移行を支援する目的で設立された国際金融機関。欧州復興開発銀行。略称EBRD。欧米諸国などの出資により1991年4月に発足した。本部はロンドンで、サンクトペテルブルグロシア)、ブカレストルーマニア)、イスタンブールトルコ)、ウランバートルモンゴル)などに事務所を置く。初代総裁はフランスのジャック・アタリJacques Attali(1943― )で、2014年時点で第6代総裁をイギリスのスマ・チャクラバルティSuma Chakrabarti(1959― )が務めている。2014年8月時点で64か国とヨーロッパ連合(EU)、ヨーロッパ投資銀行EIB:European Investment Bank)の2機関が出資しており、出資金は約296億ユーロ。最大の出資国はアメリカ(10.1%出資)で、設立当初からの出資メンバーである日本はイギリス、フランス、ドイツイタリアと並ぶ第2位(8.6%)である。各国の出資金のほか、債券発行で市場からも資金調達をしており、日本でも外貨建てヨーロッパ復興開発銀行債が発行されている。
 主要業務として支援対象国への融資、出資、保証、技術支援などを行い、市場経済への移行を促している。支援国のマクロ経済や市場経済などの状況を調査し、国別支援戦略(CAS:Country Assistance Strategy)を策定し、支援の重点分野を決める。市場経済移行への貢献度や周辺環境への影響を考慮しながら、支援プロジェクトを決定する。プロジェクトは支援受入国側が実施し、ヨーロッパ復興開発銀行はその進捗(しんちょく)状況などを点検(モニタリング)する。支援は民間への投融資が中心で、国有企業の民営化などの公的部門への投融資は全体の40%以下に抑えるとの目標が設定されている。2014年5月時点で35か国に支援を実施している。また中央アジアで市場経済への移行が遅れた国々への支援にも力を入れているほか、2010年末からアラブ・中東地域で広がった反政府民衆運動「アラブの春」を踏まえ、エジプト、ヨルダン、チュニジアなどの地域へも支援を拡大している。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone