コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスペツィア La Spezia

デジタル大辞泉の解説

ラ‐スペツィア(La Spezia)

イタリア北西部、リグリア州の都市。リグリア海のラ‐スペツィア湾の奥に位置する。海軍の基地があるほか、同国有数の商港をもつ。石油化学工業、造船業、機械工業が盛ん。14世紀に建造されたサンジョルジョ城、海軍技術博物館などがある。1997年に世界遺産(文化遺産)に登録されたチンクエテッレ玄関口としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・スペツィア
らすぺつぃあ
La Spezia

イタリア北西部、リグリア州ラ・スペツィア県の県都。人口9万1027(2001国勢調査速報値)。リグリア海のラ・スペツィア湾奥に位置する商工業・港湾都市。15世紀ごろにはすでに商港として一定の重要性を有していたが、イタリア統一(1861)以降の海軍基地および海軍工廠(こうしょう)の設立を契機に飛躍的に発展した。その結果、1848年には5000にすぎなかった人口は、1901年6万6000、40年12万3000と激増した。軍事的機能もさることながら、石油の交易と結び付いた商業的機能の重要性が増しつつある。精油、造船、機械といった工業活動も盛んである。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラスペツィアの関連キーワードポルトヴェネーレ、チンクエロマンス諸言語ラスペツィアサルツァーナアペニン山脈ラルデラリビエラマッサ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android