コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッカセイ油(落花生油) らっかせいゆpeanut oil

翻訳|peanut oil

世界大百科事典 第2版の解説

らっかせいゆ【ラッカセイ油(落花生油) peanut oil】

ラッカセイの種子(豆)を冷却下で圧搾して得た油。淡黄色ないし淡緑黄色のかすかな特有の香りをもつ。比重d15=0.915~0.921,凝固点0~3℃,ケン化価188~197,ヨウ素価82~109。不ケン化物を0.2~9.1%含有する。主成分はオレイン酸のグリセリド(42.3~61.1%)で,ほかにパルミチン酸,ステアリン酸,リノール酸,ヒポゲイン酸C16H30O2,アラキン酸C20H40O2などのグリセリドの混合物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラッカセイ油(落花生油)の言及

【食用油】より

…現在では多く精製して,マヨネーズ,油漬缶詰などに用い,てんぷら油に配合することもある。(7)ラッカセイ油 ラッカセイを圧搾してとるもので,香りがよく美味であるが,くもりやすい。サラダ油,てんぷら油,マーガリン,ショートニングなどに用いる。…

※「ラッカセイ油(落花生油)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラッカセイ油(落花生油)の関連キーワードステアリン酸リノール酸オレイン酸ラッカセイヨウ素価凝固点