コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッカセイ(落花生) ラッカセイArachis hypogaea; peanut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッカセイ(落花生)
ラッカセイ
Arachis hypogaea; peanut

マメ科の一年草で,南アメリカ原産。別名ナンキンマメ (南京豆) ,ピーナッツ。茎は基部から分枝し,なかば地面をはう。葉は互生し2対の小葉から成り偶数羽状複葉で,暗所では小葉は閉じる。夏に,葉のつけ根に黄色の蝶形花をつけ,花後子房柄が伸びて地中に入り,地中で莢が肥大する。この性質から落花生の名がつけられた。莢は網条の凹凸のある多肉質,熟すると乾燥して硬い殼となる。種子は普通1つの殼に2個でき,紅褐色の薄い種皮に包まれ,多くの油と蛋白質を含む。炒って食用とするほか,ピーナッツバター,ピーナッツオイルなどをつくる重要な農作物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラッカセイ(落花生)【ラッカセイ】

ナンキンマメ,ジマメ,ピーナッツなどとも。ブラジル原産のマメ科の一年草。茎の長さは30〜55cmで,草状は直立型,匍匐(ほふく)型,中間型とある。葉は長卵形の4小葉からなる羽状複葉で睡眠運動をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラッカセイ【ラッカセイ(落花生) peanut】

子実(豆)を食用,あるいは搾油原料とするために栽培されるマメ科の一年草(イラスト)。ナンキンマメ(南京豆)やジマメ(地豆)とも呼び,英名ピーナッツの名でも知られる。茎は基部から枝分れし,枝が立ちあがる立性と,横にはう匍匐(ほふく)性との2型に分けられる。葉は柄が長く,4枚の小葉が羽状につく。小葉は倒卵形か楕円形で,先が小さくとがる。葉のつけねに黄色の蝶形花が数個ずつ咲く。おもに自家受精し,開花後5日目ごろから花の基部(子房柄)が地面にむかって伸び,先端が地中にもぐりこんで莢(さや)として肥大し地中で結実する(〈落花生〉の名はこれにちなむ)(イラスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラッカセイ(落花生)の言及

【ホドイモ】より

…塊根は食用にされるといわれているが,小型であり,1個体あたりの数も少ない。 ホドイモ属Apiosは約10種ほどが知られているが,栽培されている種類はアメリカホドイモA.americana Medic.(英名ground nut,potato bean)で,北アメリカの原産である。紫褐色の芳香のある花をつけ,塊根はホドイモよりも大型で多数つき,食用に利用できる。…

【豆】より

…種子はまた,胚乳が退化し,かわりに発達した子葉に養分を貯蔵する。豆のこの養分は,人間が多く食用とするデンプンだけでなく,ダイズやラッカセイのように油脂やタンパク質を多く含有している場合がある(表)。 マメ科植物の種子には,しばしば硬い種皮があるか,養分を貯蔵している子葉が硬質だったりし,また貯蔵物質の特性とも相まって,人間が,そのまま食べるには消化吸収のしにくいものになっている。…

【油料作物】より

…ナタネ,ゴマ,トウゴマ,エゴマ,ラッカセイ,オリーブ,ダイズなど,油の採取を目的として栽培される作物。作物分類では工芸作物に含まれる。…

※「ラッカセイ(落花生)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラッカセイ(落花生)の関連キーワードヌアクショットワガドゥグーオレイン酸トリポリレグミンコトヌーバマコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android