コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテラノ条約 ラテラノじょうやく Treaty of Lateran

2件 の用語解説(ラテラノ条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテラノ条約
ラテラノじょうやく
Treaty of Lateran

1929年2月 11日イタリア政府とローマ教皇庁との間に結ばれた政教条約ムッソリーニとガスパリ枢機卿が署名,同年6月7日批准文書が交換されて発効。そのおもな内容はバチカン市国の創立である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラテラノ‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ラテラノ条約】

ムッソリーニ政権下のイタリアと教皇庁との間で1929年2月11日に結ばれた政教条約コンコルダート)。教皇庁はイタリア王国を承認し、イタリア王国はバチカン市国における教皇庁の独立と主権を認め、またカトリックがイタリアにおける唯一の宗教であることを認めた。イタリア統一戦争さなかの1870年、イタリア軍がローマを占領し、教皇領を併合したことでイタリア政府と教皇庁の対立が深刻化。ヨーロッパ諸国を巻き込み「ローマ問題」と呼ばれたが、同条約締結によって両者は和解した。ラテラン協定

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラテラノ条約の関連キーワードガスパリチアノムッソリーニIRIチアーノラテラノ協定ファシスタ党フォロ・イタリコラテラノ宮殿ポポロ・ディタリア

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone