ラテン文学史(年表)(読み)らてんぶんがくしねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテン文学史(年表)
らてんぶんがくしねんぴょう

ラテン文学の始まり


B.C.3世紀中ころリウィウス・アンドロニクスの最初の劇上演。ナエウィウス活躍
B.C.204エンニウス、ローマにくる
B.C.200プラウトゥス『スティクス』
B.C.191プラウトゥス『プセウドルス』
B.C.180ころルキリウス生まれる。このころカエキリウス活躍
B.C.166テレンティウス『アンドロスの女』
B.C.160テレンティウス『兄弟』
B.C.140ころパクウィウスとアッキウスが同じ祝祭で悲劇上演

共和政末期、ヘレニズムの浸潤


B.C.84ころカトゥルス生まれる
B.C.70ウェルギリウス生まれる
B.C.65ホラティウス生まれる
B.C.63キケロ「カティリナ弾劾演説」
B.C.55ころルクレティウス『物の本質について』。カトゥルス活躍
B.C.51カエサル『ガリア戦記』
B.C.44キケロ『義務論』
B.C.43オウィディウス生まれる

ラテン文学黄金時代(アウグストゥス時代)


B.C.40サルスティウス『ユグルタ戦記』
B.C.37ワロ『農業論』。このころウェルギリウス『牧歌』
B.C.34ネポス『著名人伝記集』
B.C.30ホラティウス『風刺詩』第2巻
B.C.29ウェルギリウス『農耕詩』
B.C.28プロペルティウス『エレゲイア詩集』第1巻
B.C.27ころウェルギリウス『アエネイス』(未完)、リウィウス『ローマ建国史』執筆開始
B.C.23ホラティウス『歌章』第1~3巻
B.C.20ホラティウス『書簡詩』第1巻
B.C.19ウェルギリウス、ティブルス没す
A.D.8オウィディウス、トミスに追放される

ラテン文学白銀時代


34ペルシウス生まれる
60ころルカヌス、ペトロニウス活躍
65セネカ(小)自殺
77プリニウス(大)『博物誌』完成
86マルティアリス『エピグラム詩集』第1、2巻(エピグラム)
1世紀終わりころワレリウス・フラックス、スタティウス、シリウス・イタリクス、クインティリアヌスらが活躍
98タキトゥス『ゲルマニア』
120ころタキトゥス『年代記』、スエトニウス『皇帝伝』。ユウェナリス活躍
125ころアプレイウス生まれる
4世紀アウソニウス、クラウディアヌス、プルデンティウスらが活躍

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android