コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナース

2件 の用語解説(ラナースの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラナース

デンマーク,ユトランド半島北東部,グーゼン川河口の港湾都市。酪農品取引の中心。車両,機械,食品などの工業が行われる。11世紀以来の歴史をもち,中世には交通・商業の中心であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナース
らなーす
Randers

デンマークのユトランド半島北東部に位置する工業都市。人口6万2306(2002)。グーゼンオー川がラナースフィヨルドに流入する地点にあり、港湾を有する。北岸の旧市街地にはニールス・エベセン館(1643建築)などの15~18世紀の多くの建築物が集まり、一見の価値がある。そこを中心に、鉄道資材・機械工業をはじめとする各種工業が行われ、全体としては近代工業都市の景観を呈している。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone