コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナース

百科事典マイペディアの解説

ラナース

デンマーク,ユトランド半島北東部,グーゼン川河口の港湾都市。酪農品取引の中心。車両,機械,食品などの工業が行われる。11世紀以来の歴史をもち,中世には交通・商業の中心であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナース
らなーす
Randers

デンマークのユトランド半島北東部に位置する工業都市。人口6万2306(2002)。グーゼンオー川がラナースフィヨルドに流入する地点にあり、港湾を有する。北岸の旧市街地にはニールス・エベセン館(1643建築)などの15~18世紀の多くの建築物が集まり、一見の価値がある。そこを中心に、鉄道資材・機械工業をはじめとする各種工業が行われ、全体としては近代工業都市の景観を呈している。[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラナースの関連キーワードデンマーク

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android