コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナース

2件 の用語解説(ラナースの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラナース

デンマーク,ユトランド半島北東部,グーゼン川河口の港湾都市。酪農品取引の中心。車両,機械,食品などの工業が行われる。11世紀以来の歴史をもち,中世には交通・商業の中心であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナース
らなーす
Randers

デンマークのユトランド半島北東部に位置する工業都市。人口6万2306(2002)。グーゼンオー川がラナースフィヨルドに流入する地点にあり、港湾を有する。北岸の旧市街地にはニールス・エベセン館(1643建築)などの15~18世紀の多くの建築物が集まり、一見の価値がある。そこを中心に、鉄道資材・機械工業をはじめとする各種工業が行われ、全体としては近代工業都市の景観を呈している。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラナースの関連キーワード丁抹ユトランド半島リーベエーベルトフトスケーエンフレデリクスハウンリンホルム遺跡レゴランドビルンユトランド種 (Jutland)デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone