コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラニアー ラニアー Lanier, Sidney

2件 の用語解説(ラニアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラニアー
ラニアー
Lanier, Sidney

[生]1842.2.3. ジョージアメーコン
[没]1881.9.7. ノースカロライナライアン
アメリカの詩人。 1860年にオグルソープ大学卒業後,南軍の一員として南北戦争に参加。 64年捕虜になり,収容所で結核にかかり終生全治しなかった。南北戦争を扱った小説『おにゆり』 Tiger-Lilies (1867) は注目をひかなかったが,ボルティモアピーボディ管弦楽団でフルート奏者をしながら詩作に励み,『詩集』 Poems (77) 以下の作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラニアー
らにあー
Sidney Lanier
(1842―1881)

アメリカの詩人。ジョージア州生まれる。オグルソープ大学卒業後、南北戦争に参加したが捕虜生活で健康を害し、以後、貧困と失意の生涯を送った。『詩集』(1877)では方言の多用とポーに次ぐ鋭い旋律の感覚とを特徴とする詩を発表、ジョンズ・ホプキンズ大学での講義に基づく『英詩の科学』(1880)では詩と音楽との類似性を論じ、南北戦争後の南部随一の重要な詩人とされる。南北戦争の体験から生まれた小説『おにゆり』(1867)がある。[武田千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラニアーの関連キーワードジョージアニュージョージアジョージア オリジナルジョージア カフェ・オ・レジョージアクロス 和-STYLEジョージア テイスティジョージア でら!珈琲ジョージア ヨーロピアンジョージア ヴィンテージレイニー・ナイト・イン・ジョージア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラニアーの関連情報