コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパツキ(英語表記)Rapacki, Adam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラパツキ
Rapacki, Adam

[生]1909.12.24. リボフ
[没]1970.10.10. ワルシャワ
ポーランドの政治家。ワルシャワ商科大学卒業。イタリア,フランスに留学。帰国後革命運動に参加し,1939~45年ドイツ軍の捕虜となった。 46~48年ポーランド社会党執行委員。 47年国会議員に当選。 48~54,56~68年統一労働者党中央委員会政治局員。その間,47~50年海運相,50~56年高等教育相,56~68年外相をつとめ,中部ヨーロッパに非核地域設定を目指すラパツキ案を提唱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラパツキ【Adam Rapacki】

1909‐70
ポーランドの政治家。リボフの生れ。フランス,イタリアで勉学を積む。ポーランド社会党に入り,協同組合運動で活躍。第2次大戦中,戦争捕虜としてドイツに抑留される。1948年ポーランド統一労働者党(共産党)に入り,50‐56年高等教育相,56‐68年外相を務める。西側諸国との外交・文化・経済関係改善に努力する。57年10月に中欧非核地帯案(ラパツキ案)を提唱し,ポーランドの外交的自立を目ざすものとして注目を浴びた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラパツキ
らぱつき
Adam Rapacki
(1909―1970)

ポーランドの政治家。ルブフに生まれる。ワルシャワ経済研究所に勤務し、第二次世界大戦中ドイツ軍に拘禁された。1945年に社会党に加入、1948年の共社合同に尽力し、党政治局員となった。1956年に外相に就任し、1957年10月に国連総会で、ポーランド、旧チェコスロバキア、旧東西ドイツを非核武装地帯とする構想(ラパツキ・プラン)を提案した。1968年にゴムルカ政権が保守化した結果、党と政府の職を解任された。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ラパツキ

生年月日:1909年12月24日
ポーランドの政治家
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android