コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパツキ ラパツキ Rapacki, Adam

3件 の用語解説(ラパツキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラパツキ
ラパツキ
Rapacki, Adam

[生]1909.12.24. リボフ
[没]1970.10.10. ワルシャワ
ポーランドの政治家。ワルシャワ商科大学卒業。イタリアフランスに留学。帰国後革命運動に参加し,1939~45年ドイツ軍の捕虜となった。 46~48年ポーランド社会党執行委員。 47年国会議員に当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラパツキ【Adam Rapacki】

1909‐70
ポーランドの政治家。リボフの生れ。フランス,イタリアで勉学を積む。ポーランド社会党に入り,協同組合運動で活躍。第2次大戦中,戦争捕虜としてドイツに抑留される。1948年ポーランド統一労働者党(共産党)に入り,50‐56年高等教育相,56‐68年外相を務める。西側諸国との外交・文化・経済関係改善に努力する。57年10月に中欧非核地帯案(ラパツキ案)を提唱し,ポーランドの外交的自立を目ざすものとして注目を浴びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラパツキ
らぱつき
Adam Rapacki
(1909―1970)

ポーランドの政治家。ルブフ生まれる。ワルシャワ経済研究所に勤務し、第二次世界大戦中ドイツ軍に拘禁された。1945年に社会党に加入、1948年の共社合同に尽力し、党政治局員となった。1956年に外相に就任し、1957年10月に国連総会で、ポーランド、旧チェコスロバキア、旧東西ドイツを非核武装地帯とする構想(ラパツキ・プラン)を提案した。1968年にゴムルカ政権が保守化した結果、党と政府の職を解任された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラパツキの関連キーワードポーランド記法シコルスキスタフポーランド回廊リボフオランドリボフラビンマンデスフランスモドリボフ岩グロットガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone