コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマディエ ラマディエ Ramadier, Paul

4件 の用語解説(ラマディエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマディエ
ラマディエ
Ramadier, Paul

[生]1888.3.17. ラロシェル
[没]1961.10.14. ロデズ
フランスの政治家。弁護士を振出しに 1928年社会党下院議員,38年労相。第2次世界大戦中はレジスタンス運動に参加。 44~45年に自由フランス臨時政府の補給相,戦後の 46~47年 L.ブルム内閣の国璽尚書,47年第四共和政初代首相として連立政権を組織したが,賃金問題などをめぐり共産党と対立,同党閣僚を罷免したが,労働攻勢にあって同年 11月辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラマディエ

フランスの政治家。下院議員,労働相を経て第2次大戦中は対独抵抗運動に参加,ド・ゴール臨時政府に入閣。戦後1947年第四共和政初代首相となり,共産党と対立して党員閣僚を放逐。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラマディエ【Paul Ramadier】

1888‐1961
フランスの政治家。トゥールーズ大学とパリ大学とで学び,弁護士となった。1904年から社会党に所属したが,24年以降社会主義者の政権参加を主張し,33年の分裂で社会党を離れた。第2次ブルム内閣とダラディエ内閣で労働相を務め,40年7月,ペタン元帥への全権賦与には反対投票をした。第2次大戦後の47年1月には自ら内閣を組織し,5月,共産党を閣外に放逐して中道諸派の政権を発足させた。【山極 潔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマディエ
らまでぃえ
Paul Ramadier
(1888―1961)

フランスの政治家。ラ・ロシェル生まれ。16歳で社会党に入党し、1919年以来ドゥカズビル市長。1928年以来、第二次世界大戦中を除いて下院議員。1933年の社会党の分裂に際して右派と行動をともにし離党。人民戦線運動には共和社会同盟の一員として参加し、ショータン、ダラディエ両内閣の労働相を務めた(1938)。対独レジスタンスに参加して社会党に復帰し、1944年ドゴール臨時政府の補給相。1947年1月には第四共和政下の初代首相として社会党、共産党、人民共和派連立内閣を組織したが、やがて賃金凍結に反対した共産党閣僚を除名し、第四共和政の転機をなした。その後も閣僚を歴任し、晩年はジュネーブ国際労働機関ILO)の事務局長を務めた。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマディエの関連キーワードラロシェルシェルフセイシェルドリュラロシェルピアトラロシエヘッドシェルシェルトプロ シェルペトロロシェル《ラ・ロシェル信仰告白》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラマディエの関連情報