コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモス Ramos, Graciliano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラモス
Ramos, Graciliano

[生]1892.10.27. ケブラングロ
[没]1953.3.20. リオデジャネイロ
ブラジルの作家。1930年代にブラジルの北東部で生まれた作家グループ(ジルベルト・フレイレ,ジョルジェ・アマードら)の代表者の一人。アラゴアス州奥地で幼年時代を過ごし,正規の教育は受けず,父親の店で働きながら学んだ。1928年市長に選ばれたが,その報告書が表現の完璧さで有名になり,文学者としての道が開かれた。その後公衆教育局長に任命されたが,政治問題に巻き込まれ,1936年共産主義者の容疑で投獄された。1937年釈放され,リオデジャネイロに定住し,新聞界で活躍。1945年ブラジル共産党に入党,1952年社会主義諸国を訪問。作品は死後ようやく価値を認められたが,特に北東部の干魃を扱った『ひからびた生』Vidas sêcas(1938)は有名。ほかに『カエテー族』Caetés(1933),『サン・ベルナルド』São Bernardo(1934),『苦悩』Angústia(1936),短編集『不眠』Insônia(1945),回想録『監獄の思い出』Memórias do cárcere(4巻,1953)。

ラモス

サクダル運動」のページをご覧ください。

ラモス
Ramos,Fidel Valdez

[生]1928.3.18. ルソン島
フィリピンの軍人,政治家。アメリカ陸軍士官学校卒業。 1950年国軍に入る。 1969年参謀次長。 1972年国家警察軍司令官。 1986年2月参謀総長。 1986年の二月革命でフアン・ポンセ・エンリレ国防大臣とともにフェルディナンド・E.マルコスに反乱を起こし,コラソン・C. アキノ政権成立の一翼を担った。 1987年1月国防大臣に就任,相次ぐ国軍反乱を鎮圧した。 1992~98年大統領。経済再建と国民和合に努め,1996年にはイスラム教徒ゲリラ,モロ民族解放戦線との和平を達成。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラモス

フィリピンの軍人,政治家。セント・エスコラー大学卒,1950年米国陸軍士官学校卒。1968年マルコス大統領の軍事顧問を務めたあと,国家警察軍司令官,国家統合警察長官を歴任し,1981年国軍参謀次長。
→関連項目新人民軍フィリピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラモス
らもす
Fidel V. Ramos
(1928― )

フィリピンの軍人、政治家。1928年ルソン島パンガシナン州リンガエン生まれ。イリノイ大学で土木工学修士号取得。アメリカ陸軍士官学校卒業。1950年フィリピン国軍入隊。1968年マルコス大統領軍事顧問に就任、翌1969年軍参謀次長を経て1972年国家警察軍長官。1986年のピープル・パワー革命(二月革命)に際しては当時国防相のエンリレJuan Ponce Enrile(1924― )とともに反マルコス派の先頭にたち、マルコス失脚に道を開いた。その後、コラソン・アキノ政権下で国軍参謀総長を経て、1987年大統領アキノに離反して解任されたエンリレの後任として国防長官に就任。1991年アキノ政権下最大の与党「フィリピン民主の戦い(LDP)」に入党したが大統領候補指名に敗れ離党。自らの支援組織「エドゥサの力(LAKAS(ラカス))」を結成。1992年アキノの後継指名を受け大統領選に出馬。得票率23.6%という接戦をものして当選、アメリカから独立後の第8代大統領となる。
 大統領就任に際し、「強力なリーダーシップ」を強調したラモスの業績は三つの分野にまたがっている。第一に、フィリピンの早期のNIES(ニーズ)(新興工業経済地域)入りを目ざす「フィリピン2000」構想を掲げ大胆に経済自由化・規制緩和・開放政策を推進し、就任時にはゼロ成長であったフィリピン経済を4年間で国内総生産(GDP)6%台の成長にまで引き上げるのに成功したこと、第二に、貧者への配慮・よき統治・環境保全などの「社会改革アジェンダ」を設定、任期中に貧困率を30%に削減する目標を掲げたこと、そして第三に、国軍右派、共産ゲリラ、イスラム分離主義という三大反体制勢力との和解交渉を推進したことである。こうした実績にもかかわらず、1987年制定の新憲法は大統領職を再選禁止、1期6年に限定しており、1997年ごろよりラモス派内から憲法を改正して再出馬を目ざすという構想も浮上したが、アキノ元大統領やシン枢機卿(すうききょう)Cardinal Jaime Sin(1928―2005)らの反対で阻止され、1998年退任した。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラモスの関連キーワードエウクリーデス・ロドリゲス・ピメンタ・ダ クーニャカルロス・フィリペ・シメネス ベロベロ(Carlos Belo)ジャック・J. コンスタンツォ東ティモール独立革命戦線モロ・イスラム解放戦線フィリピン国軍反乱事件国民党[ホンジュラス]東ティモール独立と騒乱ギジェルモ リゴンドウアジア太平洋経済協力フィリピン農民運動オーストラリア派兵ドミンゴ シアゾンポスト・マルコスフェルディナンド東ティモール独立東ティモール内戦ピープルパワー2フィリピン共産党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラモスの関連情報