コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリッサ ラリッサ Larissa

2件 の用語解説(ラリッサの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラリッサ(Larissa)

海王星の第7衛星。1981年に発見されたが、1989年にボイジャー2号の撮影した写真から別の星として再発見された。名の由来はギリシャ神話の海神ポセイドンの妻。海王星系で5番目に内側の軌道を公転しており、ナイアッドなどと同じく、いずれは海王星に落下すると思われる。非球形で平均直径は約190キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラリッサ【Lárissa】

ギリシア中部,同名県の県都。人口11万3000(1991)。ピニオス川の右岸に位置し,旧石器時代から人が住んでいて,その住居址が発見されている。古代にはアレウアス家(アレウアダイ)の支配のもとに栄え,詩人のピンダロスが招聘されて住み,医学者ヒッポクラテスはここで死んでいる。考古学博物館は青銅器時代のメンヒルや古典期の神殿の遺跡,彫刻,墓碑などを擁している。また,この町は家々の屋根にコウノトリが巣を作っていることでも有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラリッサの関連キーワードアテネアルタイオランカディスギリシアデルフォイニコシアギリシャ文字岐阜ギリシア棺謀殺事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラリッサの関連情報