コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ行変格活用 ラギョウヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

らぎょう‐へんかくかつよう〔らギヤウヘンカククワツヨウ〕【ラ行変格活用】

文語動詞活用形式の一。語形が「有ら・有り・有り・有・有れ・有れ」と五十音図ラ行のラ・リ・ル・レ四段の音で語形変化るが、終止形がイ段にるのが他の動詞と異なる。「あ(有・在)り」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いますがり」、さらに「あり」の複合した「かかり」「さり」などの類がラ行変格活用に属する。ラ変
[補説]中世以降、イ段の終止形「あり」が、ウ段の連体形「ある」にとってかわられて消滅し、四段活用現代仮名遣いでは五段活用)になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラ行変格活用【らぎょうへんかくかつよう】

活用

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

らぎょうへんかくかつよう【ラ行変格活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が「ら・り・り・る・れ・れ」と活用するもので、「あり」「居り」「侍り」「いまそかり」などの動詞がこの活用に属する。なお、「あり」の複合した「かかり」「さり」「しかり」などの動詞もこの活用である。また、「けり」「たり」「なり」「り」などの助動詞は、ラ行変格活用型の活用をする。ラ行変格。ラ変。 〔口語では「あり」「居り」「侍り」が終止形「ある」「居る」「侍る」になって五段活用になり、「いまそかり」は用いられなくなった〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラ行変格活用の関連キーワード御座在るべし補説まじらしなり

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android