ラ行変格活用(読み)ラギョウヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

らぎょう‐へんかくかつよう〔らギヤウヘンカククワツヨウ〕【ラ行変格活用】

文語動詞活用形式の一。語形が「有ら・有り・有り・有・有れ・有れ」と五十音図ラ行のラ・リ・ル・レ四段の音で語形変化るが、終止形がイ段にるのが他の動詞と異なる。「あ(有・在)り」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いますがり」、さらに「あり」の複合した「かかり」「さり」などの類がラ行変格活用に属する。ラ変
[補説]中世以降、イ段の終止形「あり」が、ウ段の連体形「ある」にとってかわられて消滅し、四段活用現代仮名遣いでは五段活用)になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らぎょうへんかくかつよう【ラ行変格活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が「ら・り・り・る・れ・れ」と活用するもので、「あり」「居り」「侍り」「いまそかり」などの動詞がこの活用に属する。なお、「あり」の複合した「かかり」「さり」「しかり」などの動詞もこの活用である。また、「けり」「たり」「なり」「り」などの助動詞は、ラ行変格活用型の活用をする。ラ行変格。ラ変。 〔口語では「あり」「居り」「侍り」が終止形「ある」「居る」「侍る」になって五段活用になり、「いまそかり」は用いられなくなった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らぎょう‐へんかくかつよう らギャウヘンカククヮツヨウ【ラ行変格活用】

〘名〙 日本語の文語動詞の活用の型の一つ。略して、「ラ変」「ラ行変格」ともいう。語尾が「ら・り・り・る・れ・れ」と活用するもので、五十音図の四段にわたるが、終止形の語尾が四段活用と異なるとこから、これを「変格」と称する。イ段で終止する動詞はこの種類だけである。これに属する動詞は、「あり」「をり(おり)」「はべり」「いますかり」などで、「あり」の複合した「かかり」「さり」「しかり」や「けり」「たり」「なり」「り」などもこの活用をもつ。この活用は口語では失われ、「ある」「おる」は四段活用に転じている。〔中等教科明治文典(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android