コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍り ハベリ

4件 の用語解説(侍りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はべ・り【侍り】

[動ラ変]《「は(這)いあり」の音変化で、神や天皇など、絶対者の前に恐れ入った態度でいるのが原義か》
「いる」の意の謙譲語で、慎み深い態度でいる意を表す。(貴人の御前に)かしこまって控える。
「御前の方に向かひて後ろざまに『誰々か―・る』と問ふこそをかしけれ」〈・五六〉
尊者に対する、あらたまった気持ちの会話・消息(勅撰集などの詞書も含む)に用い、「ある」「いる」の意を慎み深く丁重に表す丁寧語。あります。おります。ございます。
㋐話し手側のものについて用い、謙譲の気持ちを込めてその存在を丁重にいう。謙譲語ともされる。
「いともかしこきは置き所も―・らず」〈・桐壺〉
㋑広く一般的に存在の意を丁重にいう。その事実を自己の知っていることとして、慎み深く表す傾向が強い。
「なにがし寺といふ所に、かしこき行ひ人―・る」〈・若紫〉
地の文に用いて、「ある」「いる」の意を、自己の経験・感想として慎み深く表す。読者を予想した表現ともいわれ、特に中世以降の文語文に多く、雅語的用法として定着した。
「守も…あいなのさかしらや、などぞ―・るめる」〈・関屋〉
「ある山里にたづね入ること―・りしに」〈徒然・一一〉
(補助動詞)動詞の連用形に付く。
2の場面で用い、聞き手に対し、その動作を丁重に表し、かしこまった表現にする。また、その動作に「…ている」の意を付け加えて丁重にいう場合もある。話し手側の動作に用いたものには、謙譲の気持ちも込められる。…ます。…ております。
「雨の降り―・りつれば」〈・八〉
「松の思はむことだに恥づかしう思ひ給へ―・れば、百敷に行きかひ―・らむことは、ましていとはばかり多くなむ」〈・桐壺〉
㋑地の文に用いる。3の意の補助動詞用法。
「物語にほめたる男の心地し―・りしか」〈紫式部日記
「かかる心憂きわざをなん見―・りし」〈方丈記
[補説]平安時代には、「さぶらう」が尊者のおそばに控える意を主とするのに対し、「はべり」は、ひたすら恐れ入っているという姿勢を示し、存在またはそれの付いた語を謙譲し丁重に表現する、かしこまった気持ちの会話に多用された。平安後期から、丁寧語としての「さぶらう」さらに「そうろう」がこれに代わるようになり、中世になると「はべり」は古風な語として形式化した。

はんべ・り【侍り】

[動ラ変]はべり」の音変化。
「ともかくも覚えたるかた―・らず」〈苔の衣・一〉
「これに過ぎたることは、よもあらじとぞ申し―・りける」〈伽・一寸法師

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はべり【侍り】

( 動ラ変 )
〔「這ひあり」の転かという〕
身分の高い人のそばに仕える。伺侯する。 「御前の方に向ひて、後ざまに、誰々か-・る、と問ふこそ、をかしけれ/枕草子 56
「いる」の意の謙譲語。話し手または話し手に近い人が存在することを、貴人や貴人のいる場所に対して、そのそば近くに居させていただくという気持ちでへりくだっていう。居り申す。 「なげかせたてまつらぬほどまで-・らで(=ズット居リ申サズ)/竹取」
「いる」「ある」などの意の丁寧語。話の場全体に対して人や物事の存在を卑下して、丁重に表す気持ちが強い。います。あります。ございます。 「(コノ雪ハ)正月の十よ日までは、-・りなむ/枕草子 87
(補助動詞)
(会話文に用いて)動詞の連用形またはそれに助詞「て」の付いたもの、形容詞・形容動詞の連用形、体言に断定の助動詞「なり」の連用形「に」の付いたものなどに付いて、動作または叙述を丁重に表現したりへりくだり改まる気持ちをこめて表現したりする。…ております。…ます。…(で)あります。…(で)ございます。 「この歌詠み-・らじとなむ思ひ-・るを/枕草子 99」 「ちうせい高坏などこそよく-・らめ/枕草子 8」 「中納言源ののぼるの朝臣のあふみのすけに-・りけるとき/古今 恋四詞
(地の文に用いて)動詞またはそれに助動詞の付いたものに付いて、丁重さを添えて表す。 「こちたき御なからひのことどもは、えぞ数へあへ-・らぬや/源氏 若菜上」 「かの例思ひ出でられ-・りしに/徒然 10

はんべり【侍り】

( 動ラ変 )
「はべり」の転。 「これは誠に獅子の血に-・りめり/百座法談聞書抄」
(補助動詞) 「 はべり(侍り) 」に同じ。 「むつび聞こえさせむもはばかること多くてすぐし-・るを/源氏 蓬生」 「常陸国に塩焼の文正と申す者にてぞ-・りける/御伽草子・文正」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侍りの関連キーワード斯かり来りこっちゃ御覧じゃる然りたあ名立たり様がり着り持たり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone