コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアリズム[文学] リアリズム[ぶんがく]realism

翻訳|realism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアリズム[文学]
リアリズム[ぶんがく]
realism

写実主義,現実主義。 1850年代フランスに起った,客観的観察によって現実を忠実に再現しようとした運動をいう。続いて起った自然主義と共通するところが多い。シャンフルーリ,H.ミュルジェ,L.デュランチーらに代表されるが,ゴンクール兄弟フローベールの活躍が特筆される。特にフローベールの『ボバリー夫人』 (1857) は,厳密な客観性の追求と美的に完成された文体によって,一流派を超越した存在となった。現代ではリアリズムはきわめて広く解釈されて,時代をこえて文学の一構成要素とも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リアリズム[文学]の関連キーワード逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝アールブルク小泉八雲コールチェンバレンパービス

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android