コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアリズム[文学] リアリズム[ぶんがく]realism

翻訳|realism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアリズム[文学]
リアリズム[ぶんがく]
realism

写実主義,現実主義。 1850年代フランスに起った,客観的観察によって現実を忠実に再現しようとした運動をいう。続いて起った自然主義と共通するところが多い。シャンフルーリ,H.ミュルジェ,L.デュランチーらに代表されるが,ゴンクール兄弟,フローベールの活躍が特筆される。特にフローベールの『ボバリー夫人』 (1857) は,厳密な客観性の追求と美的に完成された文体によって,一流派を超越した存在となった。現代ではリアリズムはきわめて広く解釈されて,時代をこえて文学の一構成要素とも考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リアリズム[文学]の関連キーワード逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝道光帝ライダルマウント序曲ガトリングカラム

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone