リカルテ(英語表記)Ricarte, Artemio

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リカルテ Ricarte, Artemio

1866-1945 フィリピンの独立運動家。
1866年10月20日生まれ。秘密結社カティプーナンにはいりスペインからの独立運動にくわわる。1896年のフィリピン革命では革命軍将軍として活躍。スペインに代わるアメリカの占領に反対して大正4年日本へ亡命。第二次大戦中,日本軍のフィリピン占領に協力し,山下奉文(ともゆき)の兵団と敗走中の1945年7月31日郷里ルソン島の山中で病死。78歳。サント-トマス大卒。
【格言など】平和の鐘のなるまで祖国の土をふまず(日本亡命に際してのことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

リカルテ【Artemio Ricarte】

1863‐1945
フィリピン革命の軍事指導者。ルソン島北イロコス州バタック町出身。マニラのサント・トマス大学,師範学校を卒業後,カビテ州で初等教育塾の教師となり,また秘密結社カティプーナンの会員となった。1896年フィリピン革命が勃発すると,革命軍将軍として活躍した。アメリカ占領後,アメリカへの忠誠を拒否して入獄流刑の生活を繰り返し,1915年日本へ亡命した。初めは名古屋で土工として働いたが,22年にビハリ・ボースの世話で上京,後藤新平の紹介で東京駒場の海外植民学校でスペイン語を教えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android