コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リガ湾 リガわんRīgas Jūras Līcis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リガ湾
リガわん
Rīgas Jūras Līcis

ロシア語では Rizhsky zaliv。ラトビアおよびエストニアに囲まれた湾。バルト海東部の支湾で,湾口はエストニア領のサーレマ,ヒーウマの両島でほぼふさがれている。湾の幅は 70~140km,奥行は約 150km。氷河時代以後ゆるやかな起伏をもつ浸食平野が沈降して形成されたもので,全体を浅い大陸棚が占め,最大水深 54m,平均 28m以下。ダウガバ (西ドビナ) 川が湾奥に流入し,その河口近くに湾内最大の港でラトビアの首都であるリガが位置する。湾岸には遠浅な砂浜海岸が発達し,ピャルヌユールマラなど多くの保養地がある。 12月から4月までが結氷期。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リガ湾
りがわん
Рижский Залив Rizhskiy Zaliv

エストニア、ラトビア両共和国に面するバルト海の湾入。英語名Gulf of Riga。南北長174キロメートル、東西幅100キロメートル、面積1万8000平方キロメートル。南から西ドビナ川が流入する。湾口部には湾をふさぐ形でサーレマー島が横たわる。12月から4月まで結氷する。南岸にラトビア共和国の首都リガ、北岸にエストニア共和国のピャルヌの都市がある。[宇根 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リガ湾の関連キーワードサーレマー[島]ヒーウマー[島]西ドビナ[川]ダウガウピルスクールランドクールラントウラル系諸族リガ歴史地区サーレマ島リーブリルフヌ島リボニアキフヌ島

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android