コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リクガメ リクガメTestudinidae; tortoise

2件 の用語解説(リクガメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リクガメ
リクガメ
Testudinidae; tortoise

カメ目リクガメ科の動物の総称。甲は硬くて高く盛上がり,四肢はがんじょうで円柱状,爪がよく発達している。蹼 (みずかき) はない。草食性。陸生であまり水中に入らない。ゾウガメなど約 40種を含み,オセアニアを除く全世界に広く分布するが,日本や朝鮮半島にはいない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リクガメ
りくがめ
land tortoise

爬虫(はちゅう)綱カメ目リクガメ科に属するカメの総称。この科Testudinidaeの仲間は約10属38種がヨーロッパ南部、サハラ砂漠を除くアフリカ、マダガスカル島、アジア南部、アメリカ大陸に分布し、日本にはみられない。甲長50センチメートルを超える大形種が多く、マダガスカル島産のホウシャガメGeochelone radiataなど、甲に美しい模様をもつものが多い。背甲はドーム形で背が高く、腹甲ともに堅固な構造になっている。重い甲を支える四肢は柱状で太く、表面は堅い鱗板(りんばん)で覆われ、つめが丸い。頭頸(とうけい)部を甲内に引っ込めたあとのすきまは、堅い四肢でふさぐ。アフリカ産のセオリガメ属Kinixys3種は甲長20~30センチメートル、背甲の後部が蝶番(ちょうつがい)状に連結しており、下方に折り曲げて後部のすきまを蓋(ふた)する。リクガメ類はまったくの陸生で、草原、荒れ地、砂漠などの乾燥地に生息し、ほとんど水に入らない。しかしセオリガメなどは水かきを欠くものの、泳ぎが巧みである。餌(えさ)は主として果実、草、サボテンなどの植物質で、昆虫、カタツムリなども食べる。卵生で100~200日ほどかかって孵化(ふか)する。
 主グループであるリクガメ属Geocheloneには、陸生ガメでは最大種であるアルダブラゾウガメG. giganteaとガラパゴスゾウガメG. elephantopusの甲長1.2メートルをはじめ、アフリカ産のケヅメリクガメG. sulcataの75センチメートル、ヒョウモンリクガメG. pardalisの65センチメートルなどの大形種がそろっている。しかしギリシアリクガメ属Testudoは小形で、北アフリカ産のエジプトリクガメT. kleinmanniは甲長12センチメートルにすぎない。変わり種は東アフリカ産のパンケーキガメMalacochersus tornieriで、甲長15センチメートル、甲が軟らかく、驚くと岩のすきまに入って体を膨らませるため、引っ張り出すことができない。北アメリカの砂漠にすむアナホリガメ属Gopherusは、砂に穴を掘って巣穴としている。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リクガメの関連情報