コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リジャイナ リジャイナRegina

翻訳|Regina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リジャイナ
Regina

カナダ,サスカチュワン州の州都。 1822年に入植が始り,82年から当時のノースウェスト准州の首都となり,1905年サスカチュワン州の設立とともに州都となった。地名はイギリスビクトリア女王にちなんで,「女王」のラテン語名による。第2次世界大戦後急激に発展。小麦生産地域の重要な集散地。周辺から天然ガス,石油が産出され,石油精製,鉄鋼,農産物加工が行われる。州内の小麦貯蔵庫の管理本部やカナダ最大の協同組合がある。リジャイナ大学,自然史博物館などの文教施設も所在。人口 19万3100(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リジャイナ
りじゃいな
Regina

カナダ、サスカチェワン州南部の都市で、同州の州都。人口17万8225(2001)。大陸横断鉄道の幹線・支線、航空路が会する交通の要地である。小麦地帯である大平原の中央に位置し、小麦、ウシの大集散地として知られる。また、農機具、雑貨、日用品などを周辺農村に供給する商業中心地であり、穀物塔、製粉・製油工場、自動車農業機械組立て工場、家畜取引所がある。ほかに、木材加工、ビール醸造、印刷などの工業が発達している。1822年に建設され、82年より1905年にサスカチェワン州が設立されるまでノースウェスト・テリトリーズの州都であった。1920年までカナダ王室北西騎馬警官隊の本部があったことで知られている。学校、図書館、公園などよく整備され、教育・文化の中心でもある。付近一帯は豊富な石油が埋蔵されていることが知られ、開発が期待されるが、西隣のアルバータ州の都市に比べて、経済活動はそれほど活発ではない。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リジャイナの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩