コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスクアセスメント りすくあせすめんと

5件 の用語解説(リスクアセスメントの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リスクアセスメント

リスクアセスメントとは、なにか計画をたて、実行する際、事前にリスクの大きさを評価し、そのリスクが計画実行の上で許容できるか否かを決定するプロセスのことである。特に、大規模な建設計画、プロジェクトを行なう際に、人間の健康や環境への被害を事前に評価することを「環境アセスメント」という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リスクアセスメント

現場にある潜在的な危険(リスク)を事前に見いだして点数化し、危険度の高い箇所から順に安全対策を講じる手法。労災事故対策などで主に用いられるが、JR西日本が2008年に全国の鉄道会社で初めて導入した。点数は(1)発生した際の被害の重大性(2)発生する可能性(3)発生する確率――の3項目で付ける。

(2015-03-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リスク‐アセスメント(risk assessment)

危機が発生した場合、発生源、伝播の経路、被害者の反応、発生頻度などのデータに基づき、どれだけの影響があるかを事前に評価すること。危機評価

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

リスクアセスメント

資産に対する脅威と脆弱性(バルネラビリティ)を特定し、発生頻度などのデータに基づき、どれだけの影響があるかを評価することを指す。主に情報セキュリティの分野では情報資産の機密性、完全性、可用性の視点からリスクを評価する。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リスクアセスメント【risk assessment】

事前に危険度を質的・量的に評価する手法。放射線・化学物質による健康への危険度や食品の安全性への評価などに用いられる。広く、社会システムや制度がもつ危険度に対する評価の手法をもいう。危険度評価。 RA 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスクアセスメントの関連キーワードヒューマン・アセスメントアセスメント製品アセスメントテクノロジーアセスメントアセス環境アセスメント法ヒューマンアセスメントアセスメント・センター方式アセスメントセンタープログラム・アセスメント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リスクアセスメントの関連情報