コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボザイム リボザイム ribozyme

翻訳|ribozyme

4件 の用語解説(リボザイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボザイム
リボザイム
ribozyme

原生動物の一種であるテトラヒメナリボソーム RNA前駆体中のイントロンは,他の蛋白質などの助けを借りず,自らの触媒活性により切断-再結合の反応を行なう。コロラド大学の T.チェックはこのイントロンをリボザイムと名付け,また,この発見により,1989年度のノーベル化学賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リボザイム

触媒活性をもつRNA。従来,生体内で触媒として働くのは,タンパク質の酵素だけだと考えられてきたが,一部のRNAもそうした機能をもつことがわかり,リボ核酸の酵素という意味でこう呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

リボザイム

 RNA酵素ともいい,RNAを構成成分とする触媒の総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リボザイム【ribozyme】

酵素活性をもつ RNA 。 RNA 分子を特定の部位で切断したり、低分子の物質と結合させる働きを有する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リボザイムの関連キーワードクロルテトラサイクリン後生動物収縮胞水生動物側生動物ポリソームテトラ原虫微胞子虫目メチルテトラヒドロ葉酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone