コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リャザン Ryazan'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リャザン
Ryazan'

ロシア西部,リャザン州州都モスクワ南東約 180kmにあり,オカ川中流部にのぞむ。 1095年の記録に現れるリャザンは現在地より下流の沿岸,約 50km南東のプロニャ川流入点にあり,リャザン公国初期の首都として発展したが,1237年タタール人の来襲により完全に破壊された。現在の町は 1095年ペレヤスラブリリャザンスキー Pereyaslavl'-Ryazanskyとして始り,15世紀にリャザン公国の首都となったが,1521年モスクワ大公国に併合された。 1778年リャザンに改称。市内にクレムリン (城砦) ,ウスペンスキー大聖堂などの建築記念物が保存されている。 1960年代に石油精製と石油化学工業が始ってから急速に発展し,現在ほかに機械 (プレス機,農業機械) ,食品などの工業が立地する。教育,医学,農業,ラジオ工学などの大学がある。鉄道分岐点で,モスクワと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 52万5062(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リャザン

ロシア西部,オカ川(ボルガ川支流)河岸の都市で,同名州の州都。モスクワの南東約170kmにある。工作機械,農業機械,食品,繊維などの工業が行われる。1095年の年代記に名が登場する古都起源をもつが,現在の位置に移されたのは14世紀の中ごろ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リャザン【Ryazan’】

ロシア連邦西部,同名州の州都。オカ川とトルベシ川の合流点に位置する。人口53万2000(1993)。12世紀ごろから存在したリャザン公国は南方ステップ地帯に対するロシアの重要な防衛拠点であったが,その首都リャザンは今日スターラヤ・リャザンStaraya Ryazan’と呼ばれ,現在のリャザンの南東50kmのところにある。スターラヤ・リャザンは1237年モンゴルのバトゥの遠征の際に破壊され,漸次衰退していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リャザンの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ヴァシリイ ゴロツォフセルゲイ ハリトーノフセルゲイ エセーニンイワン1世(カリタ)イワン2世(柔和公)ワシーリー[3世]ツィオルコフスキーグシフルスタリヌイアントーノフの反乱チオルコフスキーアフィノゲーノフイワン パブロフモルドビア共和国ワシーリー3世イワン・カリタジュコフスキーイワン[3世]モジャーエフポロンスキー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android