リレーショナルデータベース(英語表記)relational database

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リレーショナルデータベース
relational database

データベースの形式の一つで,項目と項目とがどのような関係 (リレーション) で結合されているかという点を重視して表のかたちで情報を整理することを考えたもの。種々の異なった関係の表として表現しているため,表操作の感覚でデータの検索,入力,更新,追加,削除を実行することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リレーショナルデータベース

あるテーブルの行をほかのテーブルの行と関連づけて処理できるデータベース。データベース同士を結合したり、データベースから特定のフィールドを取り出して別のデータベースを作成したりできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リレーショナル‐データベース

〘名〙 (relational data base) 関連するデータを、二次元の表形式で表わしたデータベース。表を操作してデータの検索、加工、設計などができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android