コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンカーン大聖堂 リンカーンだいせいどう Lincoln Cathedral

3件 の用語解説(リンカーン大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンカーン大聖堂
リンカーンだいせいどう
Lincoln Cathedral

イギリス中東部のリンカーンにあるゴシック様式の聖堂。最初はロマネスク様式で建てられたが,1192年以後ゴシック様式で再建された。三廊バシリカ式で身廊部はアーケードトリフォリウム,明層 (あかりそう) の3層から成り,2つの翼廊部にいくつもの礼拝堂をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リンカーンだいせいどう【リンカーン大聖堂】

リンカーンにあるゴシック様式の大聖堂。一二世紀後半着工、一四世紀末に完成。双塔を有する西正面の力強い表現が特徴的。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンカーン大聖堂
りんかーんだいせいどう
Lincoln cathedral

イギリスのリンカーンシャー県の古都リンカーン市にあるイギリス・ゴシックの代表的教会堂。現在の建物は、11世紀に建立され聖母マリアに献堂されたノルマン・ロマネスク式の旧堂が倒壊したのち、12~13世紀に再建されたもので、西ファサードの下部には創建当時の遺構が残って、往時のノルマン様式を今日に伝えている。アーリー・イングリッシュ(初期イギリス式)とよばれる独自のゴシック様式を示すこの大建造物は、三廊式身廊、大小二つの翼廊、長大な内陣部から成り立つが、再建部分でもっとも古いのは東側翼廊と内陣部(1192~1200)で、西ファサード(1235以後)を含むほかの大部分は1208~80年に落成し、西ファサード背後の双塔の完成は1307~1411年であった。イギリス・ゴシックの特徴は西ファサードにもっともよく示され、ノルマンの名残(なごり)をとどめる双塔を背にした外観構成は画期的なものである。また、内陣部と身廊の天井にはきわめて装飾的なボールトの手法がみられ、クレージーボールトとよばれている。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンカーン大聖堂の関連キーワードゴシック体リンカーングリーンリンカーン伝エイブ・リンカーンリンカーンMKSリンカーンMKXリンカーンLSリンカーンの夢リンカーン弁護士リンカン大聖堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone