コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンタンパク質

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンタンパク質
りんたんぱくしつ

分子内にリン酸基をもつ複合タンパク質の総称で、ホスホプロテインphosphoproteinともいう。リン酸基は、ポリペプチド鎖中のセリン、スレオニンもしくはチロシンのヒドロキシ基にエステル結合している。リン酸化は、一般にATP(アデノシン三リン酸)をリン酸基供与体とし、プロテインキナーゼ(タンパク質リン酸化酵素)が転移反応を触媒する。逆に、脱リン酸はフォスファターゼによって行われる。
 従来、牛乳のカゼイン、卵黄のビテリン、ホスビチンなどリン酸含量で1%あるいはそれ以上のものをリンタンパク質とよんだ。これらは代謝的に安定で、生体あるいは胚にとっての栄養源として重要である。
 これとは別に、1980年以降、きわめて低リン酸含量のタンパク質が、そのリン酸化にあずかるプロテインキナーゼとともに、細胞増殖あるいは代謝調節の中心的役割を担っていることが判明し、新たな注目を集めるようになった。この群のタンパク質は常時リン酸化されているわけではなく、細胞の置かれた条件に応じてリン酸化され、タンパク質1分子当り1~3個のリン酸基が付加されるにすぎない。しかし、リン酸化を受けることによるタンパク質の構造変化は顕著であり、必然的にその機能の変化をもたらす。酵素活性を有するタンパク質が多く、不活性型前駆体の活性化、逆に活性酵素の不活性化のいずれの調節もある。調節に関係するタンパク質の多くがそうであるように、この群のタンパク質は不安定かつ短命である。これらのタンパク質のリン酸化にあずかる酵素としては、チロシンキナーゼ、Cキナーゼが著名であり、いずれも細胞膜と結合して分布する。ホルボールエステルとよばれる発癌(はつがん)プロモーターの最初の結合部位はCキナーゼである。また、ホルモンやEGFなどの細胞増殖因子のレセプター、あるいは癌遺伝子産物そのものがチロシンキナーゼ活性を示す。これらの事実は、細胞の分化・増殖、細胞内外の情報伝達あるいは発癌の機構に、タンパク質のリン酸化が密接に関与していることを強く示唆するものである。[入江伸吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリンタンパク質の言及

【リン(燐)】より

… なお,黄リンは皮膚に触れると火傷を起こし,毒性が強いのでゴム手袋,ピンセットなどで取り扱い,水中,暗所に保存する。【漆山 秋雄】
[生体とリン]
 リンは生体の必須構成元素の一種で,生体内ではほとんどがリン酸として存在し,核酸リン脂質,リンタンパク質,その他の化合物となり,さまざまな機能を果たす。核酸中ではリン酸ジエステルとして,糖とともにポリヌクレオチド鎖の骨格を形成する。…

※「リンタンパク質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンタンパク質の関連キーワードペルオキシダーゼ複合蛋白質カゼイン塩ホスビチンp53PSA連合野

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android