リンブルフ(オランダ)(読み)りんぶるふ(英語表記)Limburg

日本大百科全書(ニッポニカ)「リンブルフ(オランダ)」の解説

リンブルフ(オランダ)
りんぶるふ
Limburg

オランダ南東部にある州。総面積2029平方キロメートル、陸地面積2169平方キロメートル、人口114万2679(2001)。州都マーストリヒト。南部は肥沃(ひよく)なレスの丘陵が卓越し、小麦、果樹の栽培と酪農が行われる。南東部のヘールレンを中心にオランダ唯一の炭田があり、ガラス、陶器、化学、自動車などの工業も立地する。11世紀に創設された伯爵領が起源で、1648年のウェストファリア条約でオランダ領とスペイン領とに分割されたが、1815年にはオランダ王国の下で統一されてその一州となった。しかしベルギー独立後の1839年にはふたたびオランダとベルギーとに分割され、ベルギーにも同名の州が誕生した。

[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android