リンブルフ(ベルギー)(読み)りんぶるふ(英語表記)Limburg

日本大百科全書(ニッポニカ)「リンブルフ(ベルギー)」の解説

リンブルフ(ベルギー)
りんぶるふ
Limburg

ベルギー北東部、オランダに接する州。面積2422平方キロメートル、人口79万8583(2002)。州都ハッセルト。オランダ語地域。1839年、オランダのリンブルフ州を2分割して成立した。ケンペン(カンピーヌ)台地と周辺の平野からなり、砂礫(されき)質の荒れ地を利用する放牧や、小麦、テンサイサトウダイコン)、果樹栽培が中心であった。非居住地が広く用地が安価であったので、19世紀末ころより輸入した銅鉱や鉛・亜鉛鉱の精錬、化学工業などが立地した。1917年から開発されたケンペン炭田(1990年代にほとんど閉山した)やアルベール運河の開通、アントウェルペンアントワープ)―ケルン間の高速道路の完成、さらに60年代のフォード自動車やフィリップス電気機械などの工場も加わり、急成長した。

[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android