コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン灰石 りんかいせきapatite

翻訳|apatite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン灰石
りんかいせき
apatite

火成岩に含まれるリン酸塩鉱物。 Ca5(PO4)3(OH,F,Cl) 。化学組成に対応して,フッ素リン灰石 Ca5(PO4)3F ,塩素リン灰石 Ca5(PO4)3Cl ,水酸リン灰石 Ca5(PO4)3OH などと呼ばれる。これらの間にはほぼ連続的に固溶体が形成される。六方晶系。板状,柱状結晶または粒状,隠微晶質集合塊として産する。ガラス光沢ないし樹脂光沢,白,灰,黄,青,緑,紫,紅色など。硬度5,比重 3.1~3.2。ときにケイ光,リン光を発する。火成岩,変成岩の副成分鉱物として産するほか,ペグマタイトや熱水鉱床中,堆積岩中などにも広く産する。リンの主要原料鉱物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リン灰石の関連キーワードリン酸カルシウム(燐酸カルシウム)リエンユンカン(連雲港)特別市焼成リン肥(焼成燐肥)リン(燐)酸カルシウムリン灰石(燐灰石)リン酸カルシウムランプロファイアボルガ川沿岸丘陵ムルマンスク州ウィトロカイトカーボナタイトリン鉱(燐鉱)燐酸カルシウムアパチートゥイジャンブール州中央ロシア高地キーロフスクジャンブールオリョール州燐酸・リン酸

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android