リン灰石(読み)りんかいせき(英語表記)apatite

翻訳|apatite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン灰石
りんかいせき
apatite

火成岩に含まれるリン酸塩鉱物。 Ca5(PO4)3(OH,F,Cl) 。化学組成に対応して,フッ素リン灰石 Ca5(PO4)3F ,塩素リン灰石 Ca5(PO4)3Cl ,水酸リン灰石 Ca5(PO4)3OH などと呼ばれる。これらの間にはほぼ連続的に固溶体が形成される。六方晶系。板状,柱状結晶または粒状,隠微晶質集合塊として産する。ガラス光沢ないし樹脂光沢,白,灰,黄,青,緑,紫,紅色など。硬度5,比重 3.1~3.2。ときにケイ光,リン光を発する。火成岩,変成岩の副成分鉱物として産するほか,ペグマタイトや熱水鉱床中,堆積岩中などにも広く産する。リンの主要原料鉱物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android