コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合肥料 ふくごうひりょうcompound fertilizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合肥料
ふくごうひりょう
compound fertilizer

化成肥料配合肥料を総括した呼称。従来は,無機質肥料および原料に化学的操作を加えて窒素リン酸カリウムの2種以上が結合して一つの化合物としてできた肥料を化成肥料と呼び,単に窒素,リン酸,カリウムのうち2種以上を混合してつくった肥料を混合肥料,または配合肥料と呼んでいた。しかし,最近は両者の区別がつけにくくなってきたことなどから,1956年 10月1日改訂の肥料取締法に基づき両者を総括して複合肥料と呼ぶようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

複合肥料【ふくごうひりょう】

窒素,リン酸,カリウムの三要素のうち2種以上を含む肥料。ただし三要素の原料が動植物質であるものは除く。肥料取締法における肥料の種別の一つで,公定規格では熔(よう)成複合肥料,化成肥料,成形複合肥料,吸着複合肥料,被覆複合肥料,副産複合肥料,液状複合肥料,配合肥料,家庭園芸用複合肥料に分けられる。
→関連項目化学肥料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくごうひりょう【複合肥料 compound fertilizer】

窒素,リン,カリウムの肥料3要素のうち2成分以上を含有する肥料を総称していう。これに対し1成分のみを含む肥料は単味肥料(単肥)というが,近年は複合肥料の方が需要が多い。全肥料消費量のうち,複合肥料の形で消費される割合を複肥率といい,窒素肥料リン酸肥料カリ肥料それぞれの日本での複肥率は1961年には44%,62%,48%であったが,83年にはそれぞれが80%,78%,80%と増加しており,複合肥料の需要が増大していることがわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複合肥料
ふくごうひりょう

肥料の三要素である窒素、リン酸、カリ(カリウム)のうち2成分以上を含有する肥料のことで、配合肥料と化成肥料がこれに含まれる。1956年(昭和31)の肥料取締法の一部改正により新たに制定された肥料の名称である。ただし、主成分の窒素、リン酸、カリが動植物質に由来するものは有機質肥料といい、複合肥料とは区別される。複合肥料には肥料の三要素のほか微量要素のマグネシウム、マンガン、ホウ素を含有しているものもある。農家で実際に消費されるのは、ほとんどが複合肥料である。複合肥料には、化成肥料、成形複合肥料、吸着複合肥料、被覆複合肥料、液状複合肥料、配合肥料、家庭園芸用複合肥料などの種類がある。また、野菜、花、果樹などそれぞれ作物の種類、地域、気候、土壌の種類、施肥法などによってさまざまにくふうされた複合肥料の銘柄がある。[小山雄生]
『長谷川和久著『複合肥料に関する研究と応用』(1988・養賢堂) ▽伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会) ▽肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の複合肥料の言及

【化学肥料】より

…日本で最初の合成硫安工場は23年に建設された日本窒素肥料の延岡工場である。
[種類]
 化学肥料は含有する成分から,窒素肥料リン酸肥料カリ肥料複合肥料に大別される。長年の間その種類は硫酸アンモニア(硫安),石灰窒素,過リン酸石灰およびカリ塩類に限られていたが,1948年より尿素,49年より重過リン酸石灰,50年より硝安,塩安,溶成リン肥の生産が開始されて現在に至っている。…

※「複合肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

複合肥料の関連キーワードリン酸アンモニウムコープケミカルアンモニア工業過リン酸石灰マンガン肥料緩効性肥料溶成リン肥固形肥料肥料工業多木化学油かす液肥

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android